“京大芸人”ロザン・宇治原の相方、菅の『背伸びしない生き方』に隠された … – エキサイトニュース

Home » 不動産 大手 » “京大芸人”ロザン・宇治原の相方、菅の『背伸びしない生き方』に隠された … – エキサイトニュース
不動産 大手, 大京 コメントはまだありません



クイズ番組で数々のタイトルをモノにし“京大芸人”としてお茶の間にその名を知られた、お笑いコンビ「ロザン」の宇治原史規(うじはら・ひろふみ)と、その相方として宇治原を高校時代から観察し続けてきた男・菅広文(すが・ひろふみ)。

そんな菅が、宇治原に聞いた“京大式勉強法”の中から優秀な人でなくともすぐに理解&実践できる「やさしい勉強法」を独自の目線で抜粋した、学生はもちろん、社会人にも役立つ発想法とは!?

* * *

京大出身芸人としてクイズ番組などで活躍するお笑いコンビ「ロザン」の宇治原史規。その宇治原がバラエティで難問に見事、解答すると、すぐさま隣からドヤ顔で横に並び「どうも、ロザンです」とコメントし、他のタレントから「おまえの手柄じゃないぞ!」とツッコまれる――相方、菅広文のテッパンの自虐ボケであり、ロザンの伝統芸でもある。

“高学歴勉強ロボ”宇治原を身近で観察し続けてきた“中”学歴の菅だからこそ発見できた勉強法、そして彼が積極的に“背伸びをしない生き方”を選ぶ理由とは? そして宇治原は、菅のそうした考え方をどう思っているのか?

まずは今作『身の丈にあった勉強法』出版の経緯から菅に聞くと、宇治原からもリアクションが…。

―そもそも、なぜ「身の丈にあった」というテーマを選ばれたのですか?

菅 普段、自己啓発本とか学習ノウハウ本を読むんですけど、「これ自分にはあてはまらんしな」って思うことが多くて。





コメントを残す