横浜市住宅供給、新築マンションをスマートハウス化 Amazon Echoなどを全戸に導入 – エキサイトニュース

Home » マンション » 横浜市住宅供給、新築マンションをスマートハウス化 Amazon Echoなどを全戸に導入 – エキサイトニュース
マンション コメントはまだありません



 横浜市住宅供給公社は、市内の新築分譲マンション「横浜MIDベースタワーレジデンス」の全戸をスマートハウス化すると発表した。ソフトバンクグループのエンコアードジャパン、ソフトバンクとの協業の下で行うもので、電気の資料状況などが分かる「エネトーク」と、スマートスピーカー「Amazon Echo」、家電を操作できるリモコン「xコントローラ RS-WFIREX3」を導入する。

 エンコアードが提供するエネトークは、独自のAI技術を活用したエネルギーデータ分析プラットフォーム。1秒単位で電気の使用量を可視化し、リアルタイムで使用状況や累積使用量を確認できるほか、生活パターンの推定から使用量の予測にも対応する。抽出されたデータを組み合わせることで、効果的な節電アドバイスや家電製品のエネルギー効率診断、高齢者見守り機能など、さまざまなサービスが見込めるという。

 Amazon Echoは、話しかけるだけで、ニュースやスケジュールの読み上げや、音楽の再生、スマート家電の操作などが行えるスマートスピーカー。エネトークとも連携し、電気料金に関する情報も読み上げる。遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋のどこから発せられる声でも聞き取りができるうえ、ハンズフリーで声のみで利用できるため、身体の不自由な方やデジタル機器になじみの薄い高齢者へのサポートツールとしても活用が期待される。

 ソフトバンク コマース&サービスとラトックシステムが共同開発したスマート家電コントローラ RS-WFIREX3は、Wi-Fi接続経由で家電を操作できる家電リモコン。





コメントを残す