マンションにツバメの巣ができた! 理事長が下した判断とは? – まぐまぐニュース!

Home » マンション » マンションにツバメの巣ができた! 理事長が下した判断とは? – まぐまぐニュース!
マンション コメントはまだありません



あなたが住んでいるマンションに、ツバメが巣を作ったとしたら─? 今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では、著者でマンション管理士の廣田信子さんが、実際にとあるマンションで巻き起こった「ツバメの巣騒動」の顛末に見る「管理組合の合意形成」について記しています。

マンションのツバメ巣どうする?

こんにちは! 廣田信子です。

先日、あるマンションの理事長さんからちょっといい話を伺いましたのでご紹介します。

今年、マンションのエレベーターホールにツバメが巣をつくりました。しかも、2階、3階、5階の3つも巣があります。巣があれば、どうしてもその下がツバメのフンで汚れます。

で、「ツバメの巣」は、中に卵やヒナがいるときに壊すと、「鳥獣保護法違反で罰せられる可能性があります。巣を壊されたら、卵もヒナも生きてはいられませんから…。そうなる前に、巣を撤去するかどうかを総会で話し合いましたが、意見が割れました。フン害と関係ない階の人は、ツバメがかわいそう~と思うでしょうが、巣がある階の人は、フン害と向き合わなければなりませんから、単純にかわいそう~という訳にはいきません。

でも、冷血な人間みたいで、総会では、撤去とは言いにくいと思う人もいるかもしれません。そこで、理事長は、それぞれの階の巣をどうするかをそれぞれの階の人の判断に任せようと提案し、そのようになりました。

そこまで話を聞くと、当事者は、やっぱり早く巣を撤去しようということになるのかな…と想像しそうですが…、実は、結果はまったく逆だったのです。該当する3フロアーの方々は、全員巣を残すことに賛成したと言うのです。

子供がいる若いファミリーが多いマンションです。その階の方々は、そこを通るたび、フンは気になりながらも、ツバメの巣のことを、親子で会話していたのでしょうね。巣の下には、フン受けの段ボール箱が置かれていて、衛生上問題だ…という人がいてもおかしくない状況です。でも、みなさんは巣を残す選択をしたのです。巣を残した結果、その巣でヒナが育ち飛び立つまで、マンション内の共通の話題になり、ツバメはマンションコミュニティに大きく貢献したようです。



印刷する



コメントを残す