インド人投資家の外国不動産投資が約10年で59倍に オーストラリアとマレーシア – ZUU online

Home » 不動産 » インド人投資家の外国不動産投資が約10年で59倍に オーストラリアとマレーシア – ZUU online
不動産 コメントはまだありません



インドからの外国不動産投資が著しく増えている 。2017年年度の最初の5カ月だけでも 総額2350万ドル。2016~2017年にかけての総額は1.1億ドルで、2005~2006年の約59倍に匹敵する相当の外国不動産を買っている。

2012~2017年第2四半期の間に インド人投資家が購入した外国不動産のうち、51.6%がオーストラリア、43.8%がマレーシアだ。

英国の不動産コンサルティング企業ナイトフランクの調査で明らかになった。

事業、教育、生活スタイルなどが投資目的

不動産投資,外国,移住
(写真=Thinkstock/Getty Images)

調査はナイトフランクが世界10カ国における、インド人投資家の不動産投資傾向を分析したもの。オーストラリアとマレーシアのほか、英国やアラブ首長国連邦、スリランカ、キプロスに人気が集中しているという。

これらの投資家の割合は実業家やビジネスパーソン(68%)が最も多く、自営業や商人(21%)、専門的労働者(7%)、自営による専門的労働者(3%)、そのほか(1%)と報告されている。

外国での事業運営だけが投資目的ではなく、生活スタイルや治安、子どもの教育、老後なども不動産を購入する国・地域の決定に影響しているようだ。

購入する不動産のタイプとしてはマンション(68%)が圧倒的に人気だが、豪邸(20%)やマンション内が上下に分かれているデュープレックス(3%)も購入されている。

購入価格帯は50万ドル以下(45%)が一般的で、50万~100万ドル(32%)、100万~150万ドル(16%)、150万ドル以上(7%)と、価格があがるほど減っていく。意識調査では77%が「100万ドル以下の物件を買いたい」と答える一方で、25%が「外国物件ならば100万ドル以上使う」との考えを示した。

「送金自由化制度」と自国の不動産市場低迷が理由?

インド人投資家による外国不動産購入が活発化した主な理由として、2004年にインド準備銀行(RBI)が導入した「送金自由化制度(LRS)」が挙げられている。外貨送金規制の緩和策として講じられたもので、年々事前許可の取得が必要ない送金金額の上限が改正され、2015年以降は年間25万ドルにまで引き上げられている。

もう一つの理由はインド国内における不動産投資の低迷だ。自国の不動産に投資するよりも、高リターンを狙える外国不動産投資の方が魅力的というわけである。

オーストラリアを選ぶインド人投資家間では高水準な教育が最大の魅力のようだ。「1億ドル以上だす」という投資家が37%に増える。英国への不動産投資目的にも「子どもの教育」が挙げられているが、89%が「1億ドル以下におさめたい」と回答している点が大きく異なる。

英国での不動産価格高騰ぶりを考慮すると腑に落ちないものの、一般的な家のサイズや質なども関係しているものかと思われる。55%の投資家がオーストラリアでは185㎡以上の物件を求めているが、英国では79%が139㎡以下を希望している。

オーストラリアに次いで人気のマレーシアは、首都のクアラルンプールでの不動産購入を望む投資家が多い。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
株初心者が知らないと損をする?7つのポイントと株式投資で利益を得る方法(PR)



インド人投資家の外国不動産投資が約10年で59倍に オーストラリアとマレーシア

ZUU online の最新記事を
毎日お届けします



コメントを残す