絆人、旧社宅を国際交流の場に :: リフォーム産業新聞 – リフォーム産業新聞

Home » 家賃 保証 » 絆人、旧社宅を国際交流の場に :: リフォーム産業新聞 – リフォーム産業新聞
家賃 保証 コメントはまだありません



キーワード:生活空間をシェア

 リフォームによって、これまでと違った新しい交流の場を生み出すこともできる。シェアハウス「絆家」を運営する絆人(きずなびと、東京都板橋区)が9月、千葉県幕張市にオープンしたシェアハウス「Global HUB 幕張」は、日本人と外国人が住む国際交流を目的とした建物になっている。

絆人 外国人と日本人の入居者が食事で交流する風景外国人と日本人の入居者が食事で交流する風景

「国内留学」の場に

 同シェアハウスは、5階建て賃貸マンションの1階11室と2階2室の計13室の構成。3LDKの1部屋には4人まで入ることができ、最大収容人数は52人となっている。各部屋のデザインが違っており、入居者が希望のデザインの部屋を選ぶことができる。 デザインは、アメリカンヴィンテージ、バリ風、北欧風、イタリア風、モロッコ風の5種類で、壁紙の柄や色、インテリアが異なる。

絆人 アメリカン風の居室アメリカン風の居室。レンガ調のデザインの壁紙が室内にアクセントを与える

 コンセプトは「国内留学」だ。日本にいながら、多様な外国人と交流ができる場を目指している。部屋によって、「英語力を本気で伸ばしたい人のための英語オンリーのエリア」、「日本語力を本気で伸ばしたい人のための日本語オンリーのエリア」、「異文化交流を楽しめる言語ミックスのエリア」などを設定し、言語習得の場をつくり出す。

 すでに多様なバックボーンを持つ入居者が集まっている。例えば、30代の日本人男性。海外協力機構(JICA)で長らく海外に滞在していたが、帰国し幕張の研究所で働くことが決まったのを機に、利便性と家賃の安さ、国際交流のコンセプトに引かれて入居してきた。

 また、18歳のカナダ人男性は、ワーキングホリデー目的で入国したが、日本でエンジニアとして働くことが決まり、入居。この外国人男性の場合、家賃保証の関係で一般賃貸に入居しにくいという事情があったことから、特に入居を強く希望したという。

絆人 アジアンテイストの居室アジアンテイストの居室。籐製の家具が印象的

料理で言語交換

 ではどのように交流を生み出すのか。ただ各部屋に住むだけでは、その部屋の人としか関わらない狭いコミュニティでまとまってしまう。同シェアハウス責任者の久保祐人営業マネージャーは次のように話す。

 「1階に52畳のメーンリビングを作り、ここに居住者を呼び込むイベントを開きます。他のシェアハウスでも行っているのですが、ヨガやコーヒーのバリスタなどを無料で受けられる『学び場サービス』や、和服の着付けをしてそのままツアーに繰り出す、など。また、目玉として『ランゲージエクスチェンジ』を行います」

 「ランゲージエクスチェンジ」とは、自分の母国語をパートナーに教えてあげる代わりに、自分の習得したい言語をそのパートナーから教えてもらう言語交換のことだ。これを同シェアハウスで料理と合わせて行う。 

 メーンリビングのキッチンを使い、チームに分けて何を作るかから、材料の買い出し、調理、食事までを自分たちで行う。その際に、日本語だけしか使えない時間と英語だけしか話せない時間をつくるのだ。

 「チームに最低1人は日本語、英語が話せるファシリテーターをつけます。世界各国、だれでも共通して行う『食』を通じて、日常生活で使う語学を学べるんですよ」(久保マネージャー)

絆人 イタリアンテイストの室内イタリアンテイストの室内。黒を基調とした家具が存在感を持つ

東京駅から40分

 このシェアハウスが国際交流をコンセプトに立ち上がった理由は2つある。1つは幕張という立地だ。現地は成田空港からそこそこの距離にあり、また東京駅まで40分以内という場所だ。そのため、東京都内に住むには家賃が高いと考える外国人には好立地に当たる。

 2つ目がシェアハウスという費用の安さ。共益費を含む月家賃が3万5000円から5万円までという、リーズナブルなことから、外国人にとっても手が出やすい金額になっている。

 そもそも、なぜこのようなマンション型のシェアハウスが登場したのか。もともとこの建物は大手メーカーの社宅で、定期借家契約が切れ企業が撤退したものだった。オーナーは各室をクリーニングしてファミリータイプの賃貸アパートとして貸し出した。しかし、1階だけは1室も埋まらなかったという。悩んだオーナーは同社に依頼をし、同社側が国際交流をコンセプトにした企画を提案した、という流れだった。

絆人 北欧風デザインの内装北欧風デザインの内装。白に淡い色が加えられた室内になっている





コメントを残す