約77億で大林組/名古屋貯金事務C新築/ゆうちょ銀行 – 日刊建設通信新聞

Home » 新築  » 約77億で大林組/名古屋貯金事務C新築/ゆうちょ銀行 – 日刊建設通信新聞
新築  コメントはまだありません



 ゆうちょ銀行はWTO対象の「名古屋貯金事務センター新築工事」を一般競争入札した結果、76億6584万円(税込み)の大林組に決めた。9月7日に開札、同14日に落札決定し、11日に公表した。
 概要はPC・S、PCaPC(プレキャスト・プレストレストコンクリート)造7階建て延べ2万2330㎡の事務所建物の設備を含む新築工事。
 用途は郵便局と事務所、研修棟など。設計は日本郵政が担当した。
 工期は2019年10月15日まで。
 建設地は名古屋市中区丸の内3-201-1の敷地約7620㎡。日本郵政グループの日本郵便東海支社の名古屋ビルと名古屋丸の内三郵便局の跡地。





コメントを残す