スペースマーケット、築29年戸建てがSNS映えスポットに – リフォーム産業新聞

Home » リフォーム物件 » スペースマーケット、築29年戸建てがSNS映えスポットに – リフォーム産業新聞
リフォーム物件 コメントはまだありません



スペースマーケット、築29年戸建てがSNS映えスポットに

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

キーワード:空きスペース、有効活用

 空き家や建物の空きスペースといった「遊休空間」を収益化するサービスが今後大きく広がる可能性がある。8000件超のレンタルスペースを仲介するマッチングサイト、スペースマーケット(東京都新宿区)は、空いたスペースをリフォーム、コーディネートして空間を求める人に貸し出すサービスを開始している。手掛けた築29年の戸建てが今、若い大学生の人気スポットになっている。

スペースマーケット 東南アジア風にコーディネートされた室内東南アジア風にコーディネートされた室内。奇抜ではなく、極めて日常に近い空間を演出する

「限りなく日常に近い非日常」

 今年7月10日、東京都世田谷区の桜上水駅から徒歩5分の場所にシェアスペースがオープンした。庭にはミカンの木が4本立ち並ぶ、一見しただけではそれと分からない外見の30坪、築29年の2階建て戸建て住宅。この1階がほぼ毎日予約で埋まる人気物件だ。名前は「夏みかんハウス」。

 玄関から入ってみるとオープンキッチンが併設されたリビングがあり、天井からは電球むき出しの照明とともに、モロッコ風を連想させる植物が垂れ下がる。しかし、奇麗に整頓された爽やかな空間になっている。リビングからは庭のみかんの木を眺められるとともに、赤や青など彩色豊かなクッションが並ぶ和室と青色の濃い壁紙が印象的な洋室につながっている。

スペースマーケット リビングに隣接した和室リビングに隣接した和室

 開設から約3カ月経過しての利用実績は月間30組。1回あたり4時間の利用で1万円の売り上げがあり、月30万円の収益があることになる。

 プラットフォーム事業本部ビジネス開発部・スペース開発チーム高尾友喜氏は「利用の半数が大学生で、写真撮影を目的としたものです。写真映りの良い、いわゆるフォトジェニックな空間であることが、夏みかんハウスの人気の理由です」と話す。

 今、インスタグラムに代表される写真のSNSが流行しており、特に若い世代にとって、SNS映えする空間に注目が集まっている。実際、夏みかんハウスでも4~6人の大学生が料理や雑談を楽しみながら撮影会を行っているという。

 しかし、東南アジア風にコーディネートされているとはいえ、自宅と極端に違うわけではない建物で撮影をする必要があるのだろうか。

 「自宅で撮影するのではプライバシーの問題があり、また意味がないんですよ。SNS映えする空間はある意味で日常ではないんです。しかし、極端に彩られた場所も違う。限りなく日常に近い、非日常であることが重要なんです」(高尾氏)

スペースマーケット アジアンテイストな壁紙とカラフルなクッションが印象的な一室アジアンテイストな壁紙とカラフルなクッションが印象的な一室

セカンドハウスを活用

 なぜ戸建てを貸し出そうと考えたのか。この物件はオーナーである山室善博氏のセカンドハウスだった。毎日利用するわけではなく、特に利用しない1階を時間貸しして有効活用できないかと考え、同社に依頼をした。

 「ただ運営してもらうだけでもいいのですが、世の中のニーズも知りたいし、地域に役立つように活用したいので、せっかくだから若い方々の感性に任せたリフォームの企画もお願いすることにしたんです。もちろん収益化も」(山室氏)

 そこで、同社は60万円かけてリフォームをした。費用の多くは壁紙の張り替えやインテリアのコーディネートにかけている。

 「映画のワンシーンの撮影に使いたい、などの問い合わせも増えているんです。こんなにも絵の映える空間が求められているとは思いませんでした。これは今後の当社のビジネス展開でも生かせると考えています」(高尾氏)

 また、同物件に山室氏も大変満足している。

 「たまに周辺の掃除に来るのですが、にぎわいの声を外から聞くとやはりうれしくなりますね。また、近隣の人からも『空き家になっているよりは活気があった方が安心する』とご理解の声も頂いてるんです」

 同社も今回の成功事例を受けて、次の企画を進行させている。

 「10月中に池袋でリフォームしたシェアスペースをオープンさせる予定です」(高尾氏)





コメントを残す