住宅展示場が夜は「一棟貸切ホテル」に!【SHARESラグーナ蒲郡】 – エキサイトニュース

Home » マイホーム » 住宅展示場が夜は「一棟貸切ホテル」に!【SHARESラグーナ蒲郡】 – エキサイトニュース
マイホーム コメントはまだありません



海辺のコンセプトハウス各棟を「展示場/宿泊施設」として皆でシェア

人生で一番高い買い物・マイホーム。だからこそ失敗も後悔もない家づくりをしたいもの。
家づくりを考え始めると、約8割の方が「住宅展示場に行く」という調査結果があるように(※)複数のモデルハウスが並ぶ住宅展示場に出向いて夢を膨らませるケースは多いだろう。
※住宅展示場協議会「総合住宅展示場来場者アンケート」(2015年度)より

一般的な住宅展示場には、各ハウスメーカーや工務店が自社の“家づくり力”をアピールする家であり、憧れを絵に描いたような家が出展されている。近年その傾向は落ち着いてきたものの、広さや設えも等身大とは言い難いグレードの家が多いことは確かだろう。そもそも、ここに建つ家たちは見学されることが目的で住むために建てられたものではない仮設建築物。水まわりも使えない。

試着や試乗があるように「家も試したい」の要望に応えるべく、住める状態での体験型モデルハウスを街に建て、そこで宿泊体験ができることもここ数年は珍しくなくなってきたが、「住宅展示場の各モデルハウスで、そこにある家具や設備を使い、食べて・寝て・寛いで…暮らし心地を体験できる」のはこれまでになかったケースではないだろうか。

それを実際にできるのが愛知県蒲郡市にある【SHARESラグーナ蒲郡】。
海を囲むように建つ個性的な各棟を、昼は住宅展示場として自由に見学ができ、夜は一棟貸切タイプのホテルとして“試住”希望者や宿泊者が利用するという『泊まれる住宅展示場』だ。





コメントを残す