「空き家バンク」普及へ仲介団体などに助成金 国交省 – NHK

Home » リフォーム物件 » 「空き家バンク」普及へ仲介団体などに助成金 国交省 – NHK
リフォーム物件 コメントはまだありません



国土交通省は、空き家の情報をインターネットを通じて紹介する「空き家バンク」を広げようと、空き家の所有者と購入を希望する人を仲介する団体などに助成金を出す制度を設ける方針を固め、来年度予算案の概算要求に必要な経費を盛り込むことになりました。

「空き家バンク」は、人口減少に伴い全国で増え続けている空き家を減らそうと、インターネットで物件の情報を紹介するもので、この秋からは全国の情報を1つにまとめたホームページの運用が始まります。これに合わせて、国土交通省は「空き家バンク」の普及を後押しする新たな制度を設ける方針を固めました。

具体的には、空き家の情報を登録するよう所有者に促したり、所有者と購入を希望する人を仲介したりする地域の不動産関連の団体やNPOなどに100万円前後の助成金を支給します。

また、空き家の所有者を対象にした相談会を開いたり、リフォーム業者と連携して物件を紹介したりする団体などにも助成金を支給する方針で、物件の下見や購入を検討している人への対応などにかかるコストの負担を和らげ、空き家市場の活性化を促す狙いがあります。

国土交通省では、こうした取り組みを通じて防災や防犯などの面で問題となっている空き家を減らしたいとしていて、必要な経費を来年度(平成30年度)予算案の概算要求に盛り込むことにしています。





コメントを残す