リフォームプロ、古びた団地は自然素材で再生 – リフォーム産業新聞

Home » リフォーム物件 » リフォームプロ、古びた団地は自然素材で再生 – リフォーム産業新聞
リフォーム物件 コメントはまだありません



リフォームプロ、古びた団地は自然素材で再生

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

500万円台の工事、年間40件

 リフォームプロ(神奈川県川崎市)が提供する団地専有部のリフォーム「リダンチ」が好調だ。現在年間40件ペースで受注しており、同社の年商2億6000万円のうち7割を占めるまで成長した。

リフォームプロ 自然味あふれるリフォームが人気だ自然味あふれるリフォームが人気だ

国産床材など素材にこだわり

 リダンチとは、団地の専有部に同社こだわりの自然素材の建材を用いたリフォームを行うサービスだ。床材であれば、秋田杉、信州唐松など、また内装材もオリジナルの漆喰や珪藻土などを提供。

 また、「自分らしさ」にこだわる顧客が多く、既製品では満足せず、扉や洗面化粧台を造作している。工事はスケルトンからで、単価のボリュームゾーンは500万~600万円。 顧客は30代の1次取得層。夫婦か子供がいる家族が主だ。分譲団地の物件を購入し、リフォームをして住むことから、同社では顧客が資金計画を立てやすいように、平米9万8000円、11万円、12万8000円の3段階のグレードでパッケージ化している。

見直される生活環境の良さ

 「団地の良さが見直されており、住みたいという子育て世代が増えていると実感しています」と話すのは阿部悌二社長だ。

 団地の魅力は、子育て世代にとって、環境の良さだ。同社が提供する東京都多摩市や神奈川県横浜市北部の団地は、南向きで、棟と棟の空間が広く、庭もあり緑が豊富だ。また、高齢者がいるので子供が一人で帰宅しても見守ってくれる、共有部の階段で居住者同士にあいさつが生まれるなど安心感があるという。

 また、世帯数が多いので交通ルートや施設環境が整備されており、子育てには非常に適した場所なのだ。

 ただし、築50年前後のため、住設機器や内装の劣化は大きく、多少か表層を変えただけでは非常に住み心地が良くないため、顧客は思い切って、自然素材で環境の良い生活を手に入れたいと考えて、同社に問い合わせるのだ。

団地改修にライバル少ない

 同社が団地リフォームの提供を開始したのは3年前だ。創業時から自然素材のリフォームを行ってはいた。しかし、近年同種のサービスを提供する企業が多数生まれた。また、「共感する顧客がターゲットなので、そもそも母数は多くないんです」(阿部社長)

 そこで、他社と競合にならないビジネスを模索しており、団地をターゲットにするようになった。

 「団地の多くは4~5階建てでエレベーターがないところがほとんど。建物の古さもあり、積極的にリフォームしようという事業者が少ないんです。一方当社は施工事例を多数持っていますので、その辺のノウハウも蓄積しているんです」(阿部社長)

 現在の問い合わせは、同社のホームページ、または不動産仲介会社からの紹介の2つのルートが中心だ。「リダンチチーム」を作り、案件に当たっている。

 「現在は、購入された方に対してサービスを提供していますが、今後はワンストップも強化していきたいですね」(阿部社長)

 今期は年商4億円を計画している。





コメントを残す