【住まいの処方銭】ネコにとって最も大切なトイレ、実はしぶしぶ使っている!? 「自然界でみられない行動」していたら要注意 – ZAKZAK

Home » 不動産 ペット » 【住まいの処方銭】ネコにとって最も大切なトイレ、実はしぶしぶ使っている!? 「自然界でみられない行動」していたら要注意 – ZAKZAK
不動産 ペット コメントはまだありません






★ネコに優しい住宅(2)

 ネコにとって、最も大切なのがトイレの環境だ。

 一級建築士で愛玩動物飼養管理士の清水満さんが話す。

 「人間の都合で砂が飛び散らないようにシートを用いたり、トイレを置く場所が悪かったりするとネコはストレスを感じてしまう」

 ネコは、普通、四足をトイレの砂につけて使う。だが、ふちに立って使用したり、終わったあとに走り出したりするなど、自然界ではみられない行動をしているなら要注意。清水さんによると「ネコはそこにしかトイレがないからしぶしぶ使っている」とのことだ。

 これではストレスが少しずつたまってしまい、ベッドで粗相をしたり、急にかみついたりするなど、問題行動を起こしてしまう場合もある。「最近、うちのネコが乱暴になった」と思い当たる節があれば、まずトイレの状態を確認してみよう。

 ■置き場所

 清水さんによると「脱衣所や人間のトイレの横に置くのは避けたい」。脱衣所のそばには洗濯機があることが多い。ネコがトイレをしている時に、タイマーなどで急に轟音で動き出すとネコはビックリする。夜中に真っ暗になる場所もダメ。トイレの置き場所は静かで狭苦しくないところにしたい。ある程度、周囲を見渡せる場所なら、ネコは安心し用を足せる。

 ■サイズ

 ペット用トイレはネコによっては小さいことがある。目安はネコの体長の1・5倍程度。大きくゆったりできるサイズを選ぼう。洋服を保管するプラスチックケースを使用するなど工夫したい。

 ■数と形

 頭数プラス1個がベスト。予備のトイレがあると安心だ。屋根付きトイレはNG。狭くてネコも窮屈に感じてしまう。人間もできれば簡易トイレを使いたくないのと同じ。ニオイや湿気がこもりやすい点からみても屋根はないほうがよい。

 ■砂

 粒が細かく、ネコは自然に近い素材を好む場合が多い。いろいろ試して「うちのネコ」が好むものを選ぶようにしたい。(不動産・住生活ライター 高田七穂)



zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう




コメントを残す