暑さ・寒さ・結露、住まいの悩みは窓リフォームで改善

Home » エコ・省エネリフォーム » 暑さ・寒さ・結露、住まいの悩みは窓リフォームで改善
エコ・省エネリフォーム, リフォーム コメントはまだありません



部屋を快適にする方法として、エアコンなどをイメージしますよね。実は、窓をリフォームするという方法もあるのです。しかも、工事は壁を壊さず短時間でできますし、デザインもすっきりして見た目もきれいになります。手軽に交換できる窓のリフォーム。部屋の環境に大きな影響を与える窓を変えて、部屋をリフレッシュしましょう。

住まいの悩みを解決する「窓のリフォーム」

食事をする、睡眠をとる、家族との団らんを楽しむなど、長い時間を過ごす住まいに対し、「もっと快適に暮らしたい」「いつも清潔な空間を保ちたい」と思う方は多いでしょう。

そう思うからこそ、住まいに対する“悩み”は生まれるのかもしれません。ある調査によると、今の住まいの悩みは、光熱費の不満、結露、室内の寒さ・暑さに対する不満が多いことが分かりました。

この調査で上位に入った悩みは、室内と室外の温度差が一因となっているものばかりです。つまり、住まいの中で室内と室外の熱の出入りが最も多い「窓」をリフォームすれば、これらの悩みは改善するのです。

開口部からの熱の流入・流出イメージ図

 

開口部からの熱の流入・流出イメージ図

夏の冷房時・冬の暖房時に家に入る熱は、窓やドアの開口部を通るものが大半。「窓」対策が、住まいの悩みを解決するために重要になります。

高性能ハイブリット窓で、快適性アップ

前述したように、室内と室外の熱の出入りが多い窓の断熱性を高めることは、住まいの悩み解決にとても重要です。

窓の断熱性を高めるには、内窓の設置、 壁をカットして窓枠ごとすべて交換するなどのリフォーム方法があります。しかし、これらの方法には窓が二重になるので開閉が大変になったり、設置のために壁を壊す必要があったりなどの懸念があるため、一度は検討したもののリフォーム実施には踏み切れなかったという方もいるかもしれません。

今回ご紹介するLIXIL「リフレム リプラス」は、既存の窓枠はそのままに、上から新しい枠と障子を取り付ける方法を採用した簡単施工の窓リフォーム用商品 です。

サッシは、室外側にアルミ、室内側に樹脂を使用した高性能ハイブリッド窓で、複層ガラスが標準仕様。断熱性はもちろん、結露軽減や耐久性にも優れています。

「リプラス」の断面図

「リプラス」の断面図。1:既設サッシ。2と3は新設する部材とサッシ。4:複層ガラス。5:樹脂製のアングルカバー。6:見切材(有償品)。

断熱性が高い窓は夏の冷房効率を向上し、冬は窓から伝わる冷たい冷気を抑制するので、一年中快適な暮らしを実現できるようになります。冷暖房効率がアップすると光熱費の節約につながり、家計にもメリットがあるといえます。

光熱費の違い

断熱性に優れた高性能ハイブリット窓へのリフォームで、一年中快適な暮らしと、10年で11万円以上の光熱費節約が実現できます。

さらに、冬は結露を軽減させる効果も。結露はお掃除が大変なだけでなく、放っておくと窓辺のフローリングやカーテンを傷めるもとになります。「リプラス」なら悩ましい結露を抑え、これらの悩みも解消します。

「リプラス」の使用前と使用後

室外0℃、室内20℃、湿度60%のときの窓の様子。左の結露が発生した窓は、単板ガラスのアルミ窓。一方、右は高性能ハイブリット窓の「リプラス」。その違いは一目瞭然です。

スリムなフレームで、明るくすっきりとしたデザインに

「リプラス」は、フレーム幅がスリムな点も特長です。足元の立ち上がり部分も24mmと小さく、出入りのときにつまづきやすい段差を抑えるメリットもあります。

フレームがスリムな分、ガラス面は広くなるので窓から明るい光がたっぷり入り、見た目も明るくすっきりとした窓周りの空間がつくれるようになります。

「リプラス」の立ち上がり

左はこれまでのカバー工法。立ち上がりが70mmと大きく、段差が気になることも。 右は立ち上がり24mmの「リプラス」。段差が小さく安心なうえ、ガラス面が大きく取れるので、窓からの景色もより楽しめるようになります。

「リプラス」のサッシカラーは、ブラックやホワイトなどのスタイリッシュな単色から、木目調のナチュラルカラーまで30通りのバリエーションがあります。部屋の雰囲気に合わせたり、自分好みのカラーを選べそうですね。

「リプラス」施工例

 

「リプラス」施工例

上は落ち着いたインテリアに似合うカラー「クリエダーク」。下は明るくシンプルな空間にピッタリのカラー「ナチュラルシルバー」。一般的な引き違い窓だけでなく、雨戸やシャッター、面格子が付いた引違い窓 にも対応可能です。

最短60分で窓のリフォームが可能に

「リプラス」は、古い窓の障子(ガラス戸の部分)だけを取り外し、上から新しい専用枠と障子を設置する新カバー工法を採用しています。窓枠はそのままで壁を壊す必要がないので、さらに手軽に窓リフォームすることができます。

しかも、取り付け工事は、一窓で最短60分(※)とスピーディー。工事前に行う現場調査も、専用の現地調査キットにより取り付けの可否を約10分で確認できます。現場調査も工事も短時間で済むので、作業に立ち合ったり外出できない時間が短くて済むのも嬉しいですね。

※幅1.230mm×高さ970mm 1窓の最短施工時間。

「リプラス」施工方法

リフォーム専用枠を用いることで、取り付け工事は腰高窓サイズで最短60分、テラスサイズは最短90分で完了。また、取り付け工事は室内からのみなので、外に足場を組む必要がなく2階の窓リフォームもより手軽にできます。

「リプラス」施工例

古い引き違い窓を、「リプラス」でリフォームした例。「リプラス」を設置すると古いサッシが見えなくなるため、窓の印象は一新。まるで新築のようなキレイな印象に生まれ変わります。

簡単な問い合わせで、リフォームをもっとスムーズに

PATTOリフォーム

住まいのリフォームを手近で、簡単・安心にする「リクシルPATTOリフォーム」「リプラス」以外にも、短時間で工事できる商品をラインアップしています。

わが家の窓を「リプラス」にリフォームしたいけれど、何からすればよいのか分からない、工事会社を探すのが面倒という方は、「リクシルPATTOリフォーム」に問い合わせてみるとよいでしょう。

「リクシルPATTOリフォーム」専用窓口の方が質問に丁寧に答えてくれるうえ、ご希望に応じて住まいのお近くにあるサービスショップ(LIXIL認定の工事会社)を紹介してくれます。

「リプラス」施工例

デザイン性、採光性、眺望性を損ねることなく、断熱性をアップすることで住まいの悩みを解決する「リプラス」。窓をリフォームして、暮らしをより快適に変えましょう。

はじめてリフォームをするという方こそ、「リクシルPATTOリフォーム」を上手に活用するとよいと思います。まずは手軽に、すっきりとしたデザインと高い断熱性をもつ「リプラス」に窓リフォームして、住まいの悩みを解決し、快適な暮らしを実感してみましょう。

【関連情報】

「リフレム リプラス」紹介サイト

リクシル ショールーム

住まいや暮らしの「お悩み」「困った」をパッと解決 「リクシルPATTOリフォーム」





コメントを残す