木の家具に出会う カンディハウス五反田ショップ

Home » 媒体 » All About » 木の家具に出会う カンディハウス五反田ショップ
All About, インテリア, 家具・インテリア コメントはまだありません



東京・五反田に、木の温もりが伝わる家具を扱う「カンディハウス五反田ショップ」は2011年6月にオープン。その魅力をお伝えします。

旭川発 木の魅力を感じる家具 

「カンディハウス五反田ショップ」は家具メーカーのカンディハウスが作ったショップ。これまでカンディハウスが展開してきた販売店とは、コンセプトが少し異なる新店舗です。

ここでは、無垢材やオイルフィニッシュなどの天然素材にこだわった、木の持つ温もりや優しさを感じるアイテムを中心に置いています。

無垢undefined家具undefined木製

インテリアで圧倒的な存在感を発揮する、無垢天板のテーブル。一枚一枚が違う表情があるから、選ぶ楽しみもあり。

無垢undefined家具undefined木製

ズラリと並ぶ旭川発のクラフト品。シンプルなデザインが多く、新居へのプレゼントにも最適。

無垢の天板が印象的な「一本技」のテーブルや、カンディハウスの商品だけでなく、木工産地である「旭川」で木を愛し、物作りに頑張っているさまざまなメーカーや工房、作家の家具やクラフト商品を200点以上見ることができます。

木の温もりを感じたくなったら、覗いてみたいギャラリーなのです。



 

Long&Slowの精神で 

このギャラリーでは、【ひとつ、を愛する生活】がモットー。家具は使い捨てではなく、長くずっと愛してほしいと願っています。飽きの来ない美しいデザイン、高品質であることはもちろんですが、長い間使ったために傷んだり、不要になった家具のその後も考えていきたいそう。

長くずっと使う、というのは、当たり前のことなのですがこれがなかなか難しい。その取り組みとして、restore & vintageを展開しています。「restore(レストア)」は傷んだ張り地の張り替えや木部の塗装などの修理・再生。さらに、「vintage(ヴィンテージ)」では、捨てられる運命にある家具に、また新たな命を吹き込む再生を考えているのです。

こちらでは、家族構成や住まいの変更で不要になった家具を引き取り、状態に応じては買い取りしてくれます。そのあと家具として再生し、ギャラリーで販売しています。(対象家具:旧ブランド「Hock」を含むカンディハウス製品)

修理だけならば、いろいろな家具メーカーやショップでのアフターサービスはありますが、メーカーとして直して、再び販売するというのは珍しい試み。工場が国内にあり、品質に自信があるからできることなのかもしれません。

無垢undefined家具undefined木製

デザインがオーソドックスなので、今の住まいでも十分に使える、修理されたソファ。使いこまれた温もりが心地よくもある。

ギャラリーには、引き取って修理した家具が置かれていました。ちょっと年季は入っていますが、これがまだまだイケる家具なのですよ。価格も手ごろになっているのも嬉しいところです。



 

長く愛せる家具が欲しくなったとき、覗きたくなるショップです。

無垢undefined家具undefined木製]

五反田TOCビルにあるカンディハウス五反田ショップ

住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 4F
JR・都営浅草線 五反田駅西口から徒歩8分  ※TOC行きの無料バスがあります。(平日のみ運行)
営業時間:11:00am-7:00pm 水曜定休
TEL:03-5719-6855
URL:http://www.condehouse.co.jp/shop/gotanda/





コメントを残す