ソニー、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1」に77V型を追加 – 価格.com

Home » 部屋 探し  » ソニー、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1」に77V型を追加 – 価格.com
部屋 探し  コメントはまだありません




ソニー、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1」に77V型を追加

2017年7月11日 17:51掲載

ソニーは、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1」シリーズにおいて、77V型モデル「KJ-77A1」を追加。8月5日より発売する。

2017年6月に発売された4K有機ELテレビ「BRAVIA A1」シリーズの55V型、65V型に続き、77V型モデルの発売日が決定。5月の発表時は、2017年秋以降に予定だったが、前倒しされている。

「BRAVIA A1」シリーズは、フラッグシップモデル「Z9D シリーズ」に採用された4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載する4K有機ELテレビ。「X1 Extreme」が自発光デバイスである有機ELパネルの特徴を最大限に引き出すことで、現実世界により近い深い黒や明るさが表現できるという。

民生用大型テレビとして有機ELパネルを採用するにあたり、同社製の業務用有機ELモニターの製品開発に携わったエンジニアも参画し、パネルの能力を最大限に発揮する技術を開発。プロフェッショナルに評価される技術を応用することで、ソニーならではの「A1 シリーズ」の高画質を実現した。

また、色の再現領域を大幅に拡大し、色鮮やかな映像を映し出す広色域技術「トリルミナスディスプレイ」を採用。これにより、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感など、光の三原色である赤、緑、青をより深くし、中間色も自然かつ色彩豊かに再現する。さらに、映像を高精細な4K画質に描く「4K X-Reality PRO」を搭載したことで、地上デジタル放送などもよりリアルな表現と映像美を実現する。

音声面およびデザイン面では、新たな音響システム「アコースティック サーフェス」を搭載。画面自体を振動させて音を出力、高度なデジタル音声信号処理回路(DSP)と背面のサブウーファーとも組み合わせ、通常は画面周辺に配置されるスピーカー部分をそぎ落とし、正面からスピーカー、スタンドが見えないデザインと高音質を可能にした。

本体は、スピーカーや背面に配したスタンドが正面から見えない構造で、今までのテレビのスタイルを覆す全く新しいデザインを実現。ベゼルも極限まで薄くすることで、映像だけが浮かんでいるような、これまでにない没入感を体験できるという。ケーブルは背面のスタンド内へすっきり収納されることで、どのアングルから見ても美しく、部屋のインテリアと調和可能だ。

機能面では、「Android TV」機能において、新たに同社独自の音声解析アルゴリズムにより「録画予約検索」に対応。音声で話しかけた内容から、キーワード、放送日時やアクションを独自のアルゴリズムで解析するため、例えば、「今週末のお笑い番組が見たい」と検索すると、金・土・日に放送される「お笑い」にカテゴライズされた番組の情報が一覧で表示される。

さらに、視聴中のコンテンツを画面右上に小さく表示しながら、次のコンテンツを探したり、アプリの操作ができる「小画面表示」、アプリの切り替えや終了をスマートフォンのように簡単に行える「タスク切替」、テレビの基本機能を一つの画面にまとめて表示する「かんたんメニュー」を新たに追加。より安心して使用できるユーザーインターフェイスを実現した。

77V型「KJ-77A1」の主な仕様は、消費電力が757W(待機時は0.5W)、年間消費電力量が404kWh/年(参考値)。本体サイズは172.1(幅)×99.7(高さ)×9.9(奥行)cm。重量は45.3kg(スタンド含む)。

直販価格は250万円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、高画質プロセッサー 「X1 Extreme」搭載の4K有機ELテレビ「A1シリーズ」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

薄型テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




コメントを残す