宅配ボックスで、荷物の受け取りの不便を解消!

Home » エコ・省エネリフォーム » 宅配ボックスで、荷物の受け取りの不便を解消!
エコ・省エネリフォーム, リフォーム コメントはまだありません



荷物の受け取り、困ったことはある?

生活スタイルの変化や取扱い商品の多様化などにより、ここ数年、ネット通販の利用者が増え、それに伴い宅配便の取扱個数も増加しています。ネット通販の利便性は、忙しい現代人の暮らしに不可欠になっているのでしょう。

EC市場規模の推移

この数年で、ネット通販の利用も宅配便の取扱個数も、大幅に増加していることが分かります。<参考データ/EC市場規模の推移(出典:経済産業省「電子商取引に関する市場調査」、宅配便取扱実績の推移(出典:国土交通省「併催26年度宅配便等取扱個数の調査」>

しかし、共働きで不在だったり、家にいたけど入浴中だった、赤ちゃんの世話や家事で手が離せなかったなど、宅配便を予定通り受け取れないケースは多いようです。実際、配達全体の2割弱が、再配達で荷物を受け取っているというデータがあります。

国土交通省「平成26年12月undefined宅配事業者3社によるサンプル調査」

配達完了までに要した再配達の回数。全体の約2割が再配達で受け取っているのです。<参考データ/出典:国土交通省「平成26年12月 宅配事業者3社によるサンプル調査」>

再配達の依頼は、忙しいときには面倒に感じるもの。また、再配達を依頼しても、荷物が届くまで外出できないなど、ストレスを感じることもあると思います。
とても便利な“ネット通販でのお買い物”が、これでは本末転倒になってしまいます。

宅配ボックスの設置で、さまざまな問題を解決

このような“荷物の受け取り”に関するストレスを解決する方法に、「宅配ボックス」の設置があります。マンションなどの集合住宅ではよく見られますが、近頃は戸建て住宅に設置するタイプが普及しています。

リクシルの戸建て用宅配ボックス「リンクスボックス」は、新築時はもちろん、入居後に設置することも可能な商品です。

商品は、自立させる「ポール建て」タイプと、塀に埋め込む「埋込枠」タイプがあります。荷物の投函は前面からのみですが、取り出しは前面・後方いずれのタイプもあります。開き方も、右開き・左開きが選択できるので、塀の有無や玄関先の広さに合わせて商品をセレクトするとよいでしょう。

リンクスボックス

画像左はポール建てタイプ、右は埋込枠タイプのイメージ。最大投函サイズは幅220×高480×奥行き350mmで、宅配便の100サイズ、日本郵便とAmazon規格サイズの約8割に対応できます。

「リンクスボックス」の特長は、荷物の投函・取り出しがとても簡単なうえ、扉の開閉にタッチパネル式の電子錠を採用している点です。

鍵で開閉するタイプと違い、電子錠なら鍵を紛失する心配がないうえ、家族全員が使うこともできます。また、LED内蔵の照明が付いているので、夜間でも操作がしやすい点も魅力です。電子錠の電源にはリチウム電池を使用しているので、設置時の配線工事は必要ありません。

リンクスボックス

荷物の投函は、扉を開けて荷物を入れたあと、ツマミを回して受領印を押し、扉を締めれば自動でロックがかかります。取り出しは、電源スイッチを押し、あらかじめ設定した1~4桁の番号を押すと開錠、荷物を取り出すことができます。

ホームネットワークにつなげば、スマホで確認できる

「リンクスボックス」のもうひとつの特長は、荷物の投函や取り出し状況がスマートフォンと連動できる点です。

「リンクスボックス」を設置する時に屋内に「ホームユニット」も設置し、お手持ちのスマートフォンに専用アプリを無料ダウンロードすれば、荷物の受け取り・取り出し時にスマホに通知が届きます。

リンクスボックス

「リンクスボックス」をホームネットワークシステムに接続すれば、外出先でも、荷物の受け取り・取り出し状況がスマホで確認できて便利です。 ※ホームユニットを設置しない場合は、宅配ボックスとしてのみ使用できます

この「ホームユニット」は、「リンクスボックス」の他に「屋内カメラ」「屋外カメラ」と接続することもできます。

接続方法はとても簡単で、自宅の無線LANに「ホームユニット」を接続したあと各機器についている登録ボタンを押すだけ。配線工事は必要ありませんし、もちろん利用にあたって料金はかかりません。

リンクスボックス

スマホと連動するリクシルのホームネットワークシステム。外出先から「リンクスボックス」の利用のほか、自宅や庭先の様子をカメラで確認したり、映像を録画することが可能です。

「リンクスボックス」を設置すれば、ネット通販を利用する際に荷物の受け取りを気にしたり、家で荷物の到着を待つなどの煩わしさを解消できます。
また、子供だけが留守番しているときや夜遅い時間の対応など、“荷物の受け取りとはいえできれば玄関を開けたくない”という防犯面の不安も解決できるでしょう。

さらに、不在による再配達を防いだり時間指定なしで注文できるため、宅配会社への過剰な業務負荷を減らすことも可能になります。

荷物の受け取りに関する困りごとを解決する「リンクスボックス」、リクシルのショールームで是非チェックしてみましょう。

【関連情報】

宅配ボックス「リンクスボックス」紹介サイト

リクシル ショールーム

住まいや暮らしの「お悩み」「困った」をパッと解決 「リクシルPATTOリフォーム」





コメントを残す