見落としては駄目!テーブル寸法

Home » 媒体 » All About » 見落としては駄目!テーブル寸法
All About, インテリア, テーブル・椅子 コメントはまだありません



ダイニングテーブルを選ぶ時って何を基準に考えていますか。もちろんご自身のインテリアスタイルにあったものを選ぶのは大切ですが、イメージだけで選んでしまうと、「食事をするときに窮屈」であったり、「食べるときの姿勢がツライ」などといった困ったことも起こります。今回はダイニングテーブルを選ぶ時、要チェックの寸法について考えましょう。それぞれの問題にチャレンジしてみてくださいね。!
※長さの単位はcmです。<INDEX>

【Q-1】

ダイニングテーブルの大きさの目安は?

4人掛けのダイニングテーブルを選ぶ時、下の図のどちらを選びますか?

A:ダイニングテーブル
巾120cm奥行き80cm
B:ダイニングテーブル
巾105cm奥行き80cm

【A-1】

ダイニングの大きさ=1人分の必要寸法×人数

ダイニングテーブル
1人分に必要な寸法は約巾60cm奥行き40cm。4人掛けテーブルの目安は巾120cm奥行き80cmとなります。

答えは【A】
4人掛けのダイニングテーブルには巾120cm、奥行き80cmは必要です。

食事をするときに必要となる1人分の寸法ってご存知ですか?食器が並ぶ寸法と隣の人と肘がぶつからないで食事をすることを考慮した、一人分の寸法は巾60cm奥行き40cmです。

この寸法を基準にダイニングテーブルの大きさを考えると、4人用のテーブルは120cm×80cm、6人用で180cm×80cmとなります。これは最小限の寸法ですので、食卓に大きなお皿が並ぶことが多いのであれば、もう少し余裕が欲しいところですね。また囲み型になる場合には、6人掛け用では、160cm×90cm程度は必要となります。

ダイニングテーブルundefinedサイズ

6人掛けの180cm×85cmのダイニングテーブル。椅子を対面で配置するとフォーマルな雰囲気になりますね。ダイニングテーブル&チェア:柏木工 エレスシリーズ

円形のテーブルでは、1人分のスペースの目安は、60cm~70cmとなります。4人掛けではテーブル直径100cm、6人掛けではテーブル直径120cmくらいあると窮屈に感じることなく、食器を置くスペースも十分にとることができます。

ダイニングテーブルundefinedサイズ

径105cmの円形テーブル。4人でゆったりと食事がとれます。こちらのテーブルは更にエクステンション機能あり。広げると165cm×105cmの6人掛けテーブルに変身。ダイニングテーブル&チェア:カンディハウス ルントオムシリーズ

次のページは【Qー2】です。





コメントを残す