電気で走るスーパーカー、京大発のベンチャーが開発 TBS NEWS – TBS News

Home » 不動産 大手 » 電気で走るスーパーカー、京大発のベンチャーが開発 TBS NEWS – TBS News
不動産 大手, 大京 コメントはまだありません



18日

21時17分

1分5秒

電気で走るスーパーカー、京大発のベンチャーが開発

 スーパーカーもエコな時代になりました。

 京都大学発のベンチャー企業が開発中のこちらのスーパーカー「GLM G4」。跳ね上がるドアに低い車高のスポーティーなデザインが魅力ですが、使われる燃料はガソリンでなく電気です。車体には高出力のモーターが2基搭載され、発進から時速100キロに到達するまでの時間はわずか3.7秒。最高出力は540馬力と小型乗用車の5倍近いパワーを持ちながら、航続距離も1回の充電で400キロと燃費の良さも実現する予定です。

 2019年の量産化を目標に開発が進められていて、国内外で1000台の販売を目指していますが、価格は4000万円程度になるということです。

 排ガスや燃費といった環境規制が強化される中、ホンダも去年、およそ10年ぶりにスーパーカー「NSX」をハイブリッド車として復活させるなど、次世代のスーパーカーに注目が集まっています。





コメントを残す