阿部一二三、陶芸を体験「簡単にいかないし、調子に乗ると崩れる。いい勉強」/柔道 – スポーツ – サンスポ – サンケイスポーツ

Home » 不動産 大手 » パーク24 » 阿部一二三、陶芸を体験「簡単にいかないし、調子に乗ると崩れる。いい勉強」/柔道 – スポーツ – サンスポ – サンケイスポーツ
パーク24, 不動産 大手 コメントはまだありません



神奈川県藤沢市の工房で陶芸を体験した柔道の男子日本代表66キロ級の阿部一二三

神奈川県藤沢市の工房で陶芸を体験した柔道の男子日本代表66キロ級の阿部一二三【拡大】

 柔道の世界選手権(8~9月、ブダペスト)男子日本代表が19日、神奈川県藤沢市の工房で陶芸を体験し、66キロ級で19歳のホープ、阿部一二三(日体大)は「簡単にいかないし、調子に乗ると崩れる。いい勉強になった」と柔道との共通点を見いだした様子だった。

 選手はろくろを回し、各自の器を作製した。強化合宿中に精神面の充実を目指して企画した井上康生監督は「日本の陶芸は世界に誇れるもの。日本人の強みという原点に戻りたかった」と説明。昨夏のリオデジャネイロ五輪で日本男子は全階級でメダルを獲得したが、東京五輪を見据え「同じ事をしていては駄目。選手にいろんなことを体験させて、考える力や知識を身に付けさせたい」と話した。

 リオ五輪で銅メダルを獲得した60キロ級の高藤直寿(パーク24)や81キロ級の永瀬貴規(旭化成)も参加。指導した陶芸家の山口高典氏は「陶芸は自分の心と向き合う。選手たちの集中力は素晴らしかった」と絶賛した。





コメントを残す