東京都住宅供給公社、SNSの人気者が築古賃貸住宅をプロデュース – リフォーム産業新聞

Home » 住宅 » 東京都住宅供給公社、SNSの人気者が築古賃貸住宅をプロデュース – リフォーム産業新聞
住宅 コメントはまだありません



 東京都住宅供給公社(東京都渋谷区)は、自社で保有する築古物件や団地の魅力を、「DIY」で発信している。物件内で壁紙張り替え教室を実施したり、有名なDIYユーザーにモデルルームをプロデュースしてもらうなどの活動を実施。生まれ変わった部屋がSNSやテレビで話題になり、昔ながらの団地に若者を呼び込むきっかけになっている。

東京都住宅供給公社 DIYによって生まれ変わった築40年の団地の1室DIYによって生まれ変わった築40年の団地の1室

「ヘリンボーン」タイル登場

 「こんな部屋に、住んでみたい!」

 今年2月、同社が管理する東京都清瀬市にある東久留米西住宅の1室には、ユーザーのそんな声が溢れた。この日行われたのは、DIYモデルルームの内覧イベント。部屋画像のSNSサイト「ルームクリップ」の有名ユーザー「a-ko」さんの監修の下、築40年ほどの賃貸物件の空き部屋をDIY。

 畳だった床にはヘリンボーン柄のフロアタイルを敷き、壁や建具は木目調の壁紙で仕上げた。また和室の押し入れはふすまを外し、壁紙を貼った市販の収納を入れ、おしゃれなカフェ風空間にした。ほかにもニトリの家具や雑貨を多用し、費用はたった17万円。

 ここはあくまでモデルルームなのでそのまま入居することはできないが、自分もこんなDIY部屋に住みたいというユーザーが、二日間で140組訪れた。

 このイベントは、定期的に行う入居促進キャンペーンの一環。同物件の場合、空室が複数の部屋で続いていた5階部分に、新たな住民に入居してもらうことが狙いだった。

 公社募集課の久井英行主事は、「築古なので5階建てでもエレベーターがなく、駅からも遠いため、高齢者の方にお勧めするのは難しい物件。若者に住んでほしいとの思いがあった」と話す。

 同社では都内の市区町村が保有する賃貸28万戸のほか、自社物件300棟7万戸を仲介・管理している。この300棟の自社物件のうち、東久留米西住宅のように築古、駅から遠いといった物件が100棟ほどあるという。

 同社では、空室が続くことを回避するため、2年前から「DIY」を切り口としたPR活動を行っている。DIYしたモデルルーム内覧会を、これまでも複数回実施。ルームクリップや輸入壁紙ショップ「ワルパ」とコラボし、DIYの魅力を伝え、賃貸でも自分らしい部屋がつくれることを発信している。

 この取り組み以来、内覧イベントの来訪者が1.2倍ほどに増えたほか、SNSなどでモデルルームの写真が広まり、同社への問い合わせが増えているという。

東京都住宅供給公社 A) DIY前のモデルルーム。A) DIY前のモデルルーム。元は畳敷きの和室だった
B) 床はサンゲツのヘリンボーン柄クッションフロア。畳への貼り付けはマスキングテープで
C) 壁は木目調壁紙を、マスキングテープで貼り付けた。収納は主にニトリのカラーボックス

「突っ張り棒」人気

 DIYを取り入れる賃貸物件の場合、壁への釘打ちなども可とする場合もあるが、同社の場合そういった既存部分に傷を付けるのはNG。通常の賃貸同様、退去時には入居前の状態に戻すことが義務となる。

 「しかし、こういった自由度を抑制するルールがあるのが逆に良かった。壁を傷付けず、自分らしい部屋をつくるアイデアが生まれています」(久井主事)

 その例の1つが、建築資材メーカー若井産業(大阪府東大阪市)の商品である「ディアウォール」の活用。同商品は、市販のツーバイフォー木材に取り付けるキャップ状の商品で、材の上下に付けると、床と天井の間で突っ張り棒のような役目を果たす。壁際に取り付けると、既存の壁を傷つけず棚をつくることができる。

東京都住宅供給公社のモデルルームでよく使われる若井産業のディアウォール東京都住宅供給公社のモデルルームでよく使われる若井産業のディアウォール。
2×4材を突っ張り棒のように変身させるアイデア商品

 同公社が発信するDIYのアイデアは、ほとんどの賃貸で可能なものなので、自社物件の差別化にはつながらない。ただこの取り組みを通して、公社社員の理解も深まり、積極的にDIYを入居希望者に勧めている。

 「私自身、ディアウォールの魅力を実感し、自宅に取り付けました。入居の窓口担当者が『畳が嫌なら、フロアタイルを敷けばフローリングのようになりますよ』といった提案までできるようになりました」

 最近では貼ってはがせる壁紙や家具をセットでプレゼントするキャンペーンも実施しており、今後も継続してDIYによるPR活動を行っていく予定だ。





コメントを残す