好きではなくても経験あり ギャンブルに関する意識調査とみんなのエピソード

Home » 媒体 » athome VOX » 好きではなくても経験あり ギャンブルに関する意識調査とみんなのエピソード
athome VOX コメントはまだありません



「ギャンブル」と聞くとあまり良いイメージではない人が多いかもしれませんが、日本ではいわゆる「公営競技」として競馬や競輪、競艇、オートレース、また「公営くじ」として宝くじやスポーツくじなどがあります。最近では昨年末に、いわゆる「カジノ法案」が成立し、話題にもなりましたね。

ラッキーな経験をすることもあれば、あまりのめり込みすぎると手痛い損失になってしまうこともある「ギャンブル」。

at home VOXでは今回、そんな「ギャンブル」についてアンケートを実施。結果を性別・世代別に分析してみました。「ギャンブル」は好きか、やったことはあるか、さらにラッキー・アンラッキー経験談など、気になる疑問を通して、賭け事に対するみんなの意識の違いを見てみたいと思います。

※ここでの「ギャンブル」とは、主に「公営賭博」(地方公共団体が施行する競馬・競輪・競艇・オート-レース・宝くじの通称。 公営ギャンブル。『大辞林』第三版より)のことを指しています。

Q.「ギャンブル」は好きですか?(性別・年代別の回答結果)

■男性

■女性

そもそも「ギャンブル」が好きかと言われれば、好きな人は少数派。年代別に見ると、男女とも若い人ほど好きではないようですね。やはりイメージが悪いのでしょうか。

では、経験の有無に関してはどうでしょう。

Q.「ギャンブル」をやったことはありますか?(性別・年代別の回答結果)

■男性

■女性

男性は全年代で過半数が経験あり、50代にもなると8割以上に。





コメントを残す