パナソニック、テクノストラクチャー工法の規格型ZEH住宅を発売 – 新建ハウジング

Home » 住宅 » パナソニック、テクノストラクチャー工法の規格型ZEH住宅を発売 – 新建ハウジング
住宅 コメントはまだありません



 パナソニックESテクノストラクチャー(大阪府門真市)は、梁を鉄で強化する独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」のZEH対応住宅である「FORCASA Zero(フォルカーサ ゼロ)」を、4月24日より発売すると発表した。

 「もっとオシャレに、快適に、お得に」がコンセプトのコンパクト住宅で、ZEHを実現するために必要な仕様や設備をパッケージ化して提案。規格型とすることで住まいの検討を容易にしている。また、全プランで光熱費シミュレーションを行い、コンパクト住宅でイメージしづらい光熱費の削減効果を具体的に提示する。

 収納・インテリア・家事動線などに女性目線のアイデアを取り入れたプランと、内装・外観・住宅設備などを好みに合わせて選べるトッピングメニューが約50種類用意されているのも特長。規格型住宅でありながら、家族のこだわりや個性を演出することが可能となっている。

 同社では、主に一次取得者層に向けて提案することで、住宅のZEH化を促進していくという。

 販売は、全国のテクノストラクチャー工法採用ビルダーを通じて行う。

「FORCASA Zero(フォルカーサ ゼロ)」外観イメージ(上)と内観イメージ(下)

「FORCASA Zero(フォルカーサ ゼロ)」外観イメージ(上)と内観イメージ(下)

l-jn170419-3-2

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら





コメントを残す