宅配ロッカー利用効率向上へ小型BOX開発 | 最新不動産ニュースサイト … – (株)不動産流通研究所 (プレスリリース) (会員登録) (ブログ)

Home » 不動産 大手 » 宅配ロッカー利用効率向上へ小型BOX開発 | 最新不動産ニュースサイト … – (株)不動産流通研究所 (プレスリリース) (会員登録) (ブログ)
不動産 大手 コメントはまだありません



宅配
新サイズのボックスを組み込んだ宅配ロッカーのイメージ

 三井不動産レジデンシャル(株)は17日、宅配ロッカー大手の(株)フルタイムシステム(東京都千代田区、代表取締役社長:原 幸一郎氏)と共同で、マンションの宅配ロッカー利用効率向上プロジェクトを開始した。

 社会問題化している宅配物の増加に対応したもので、宅配サービス会社へのヒアリング、フルタイムシステムの集積データ分析を通じて、宅配ロッカーの現状課題を抽出。その結果、(1)利用状況に適した宅配ロッカーの新構成によるボックス数増加、(2)宅配ロッカーの入出庫回転率の向上、(3)宅配ロッカーへの入庫数減少、(4)宅配ロッカーの利用情報閲覧サービスの4点を対策として考案した。

 (1)については、両社が提供する既存マンションの宅配ロッカーでは、最小のSサイズのボックスの利用率が80%を占め、さらに宅配物の60%がさらに小さいサイズであったことから、新たにSSサイズのボックスを開発。従来と同じ宅配ロッカー設置スペースで、約1.5倍のボックス数を確保する。 

 (2)については、宅配サービス会社がマンションを訪れても宅配ロッカーが満杯で利用できない状況が、1日平均約1.2回発生している状況を鑑み、荷物を受け取る入居者に対するメールでの通知などを今後の新規物件から導入していく。

 このほか、小サイズの荷物であれば入れられるメール便対応ポストの導入や、配達ドライバー向けの宅配ロッカー利用状況を確認できるウェブサイト構築なども予定している。

 これらの対策については、6月下旬に発売する新築分譲マンション「パークタワー晴海」(東京都中央区、総戸数1,076戸)より導入していく。





コメントを残す