大統領娘婿クシュナー氏、不動産関連企業の株式売却へ – 日本経済新聞

Home » 不動産 » 大統領娘婿クシュナー氏、不動産関連企業の株式売却へ – 日本経済新聞
不動産 コメントはまだありません



 【ニューヨーク=平野麻理子】トランプ大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問が、保有する不動産関係のIT企業株式をベンチャーキャピタルに売却する交渉をしていることがわかった。17日に米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。政権の要職との利益相反を避ける目的という。

 WSJによると、クシュナー氏は自らが保有するワイヤードスコア社の株式をロサンゼルスのベンチャーキャピタル、フィフス・ウオール・ベンチャーズに売却する方向で交渉している。売却額は決まっておらず、交渉が決裂する可能性もあるという。

 クシュナー氏は今年、500万ドル(約5億4500万円)から2500万ドル相当のワイヤードスコア社株を保有していると明らかにしていた。





コメントを残す