坂上忍、千葉女児殺害事件「親御さんの気持ち思うと極刑望むのは当然」 – スポーツ報知

Home » 不動産 トラブル » 坂上忍、千葉女児殺害事件「親御さんの気持ち思うと極刑望むのは当然」 – スポーツ報知
不動産 トラブル コメントはまだありません



 千葉県我孫子市の排水路脇に、殺害されたベトナム国籍の小3女児、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が遺棄された事件を、18日に放送されたタレントの坂上忍(49)がMCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)が取り上げた。

 県警捜査本部は14日に死体遺棄容疑でリンさん宅近くに住む自称不動産賃貸業・渋谷恭正(しぶや・やすまさ)容疑者(46)を逮捕している。

 番組では「仮に有罪判決を受けた場合」との前提でトークを繰り広げたが、重苦しい雰囲気に。そして出演している弁護士は容疑者に恨みやトラブルではなく女児への興味やいたずら目的があった場合、量刑が重くなる可能性を指摘した。

 坂上が憤りの表情のままつぶやくように「僕がこんなことを言っていいのか分からないですが、親御さんの気持ちを思ったら極刑を望むのは当然のことかと思う。今後どうなっていくんでしょうかね」とコメントしていた。





コメントを残す