三井物産リアル、大阪湾岸のセンコー専用拠点取得 – LogisticsToday

Home » 不動産 大手 » 三井不動産 » 三井物産リアル、大阪湾岸のセンコー専用拠点取得 – LogisticsToday
三井不動産, 不動産 大手 コメントはまだありません



空白

荷主三井物産リアルティ・マネジメントは17日、物流施設を対象とした不動産私募ファンドを組成し、同日付でプロロジスから大阪湾岸部の物流施設「プロロジスパーク舞洲4」を取得したと発表した。取得後に名称を「舞洲4ロジスティクスセンター」へ変更した。

取得した拠点は阪神高速道路湾岸線湾岸舞洲ICから2キロ、大阪港へも近い立地を生かした広域輸送が可能で、大消費地の大阪中心部へも10キロ圏内にある。物流拠点集積エリアとして24時間稼働・多頻度配送の環境が整っており、物流施設として優位な立地が特徴。

現在はセンコーが専用拠点として利用しているが、3階に設けられたトラックバースに屋内型スロープで接続できるなど、複数のテナントに賃貸可能な仕様となっている。倉庫部分の床荷は1平方メートルあたり1.5トン、柱間隔11.5メートル、1-2階有効天井高5.5メートル、3-5階有効天井高7.1メートルと高いスペックを備えている。

■施設概要
所在地:大阪市此花区北港1-4番53号
敷地面積:1万9559.06平方メートル(5916.62坪)
延床面積:6万3921.54平方メートル(1万9336.27坪)
竣工:2010年8月
規模・構造:鉄骨鉄筋コンクリート造・6階建て





コメントを残す