宅配ボックスとマンション向けインターネット一体提供 – LogisticsToday

Home » マンション » 宅配ボックスとマンション向けインターネット一体提供 – LogisticsToday
マンション コメントはまだありません



宅配ボックスとマンション向けインターネット一体提供
空白

ロジスティクスフルタイムシステムは7日、NTT西日本グループと協業し、宅配ボックスとマンション向けインターネット「DoCANVAS」(ドゥキャンバス)、各種サポートを組み合わせたワンストップサービスの提供を10日から開始する、と発表した。

NTT西日本傘下のNTTメディアサプライがマンション向けインターネットと宅配ボックスサービスを提供、NTTフィールドテクノが宅配ボックスとマンション向けインターネットの施工・宅配ボックスのオンサイト保守、フルタイムシステムが宅配ボックスサービスの運用――をそれぞれ担う。西日本だけでなく、全国で提供する。

再配達削減に向けて宅配ボックスの重要性が高まるなか、賃貸マンション業界でもマンションの空室対策としてインターネット標準設備、宅配ボックスなどの導入ニーズが拡大しているが、導入費用や応対稼働面でマンションオーナーの負担の大きさが課題だった。

3社が協業サービスを提供することにより、マンションオーナーは通信機能(着荷時のメール通知機能)付宅配ボックスを設置することで、個別に通信回線を準備することなく導入できるようになるほか、設備導入の負担も軽くなるメリットがある。

設置台数の拡大が見込まれるフルタイムシステムの宅配ボックスと、NTTフィールドテクノが現地対応を行えるよう連携することで、円滑な保守対応につなげる。

(画像:NTTメディアサプライ、NTTフィールドテクノ、フルタイムシステム)





コメントを残す