[PR]一人暮らしの部屋って、どう探す?「10・20代現役大学生がホンネで … – マイナビ賃貸

Home » 部屋 探し  » [PR]一人暮らしの部屋って、どう探す?「10・20代現役大学生がホンネで … – マイナビ賃貸
部屋 探し  コメントはまだありません



はじめての一人暮らし。希望条件にあったお部屋をあなたならどのように探しますか? 思い浮かぶのは、WEBやアプリでの検索、不動産会社の窓口への訪問、口コミなど、さまざま。そこで、AIを活用するなど“不動産テック”を駆使したお部屋探しサービスで注目のハウスコム株式会社による、一人暮らしに興味津々な「現役男子大学生による座談会」を実施! みんなで、理想のお部屋の「リアルな探し方」についてぶっちゃけトークしました。


10~20代! 男子大学生のホンネ座談会「“一人暮らしのお部屋”どうやって探す?」
新学期&新生活を控え、多くの人が一人暮らしのお部屋探しをしているこの時期。ワクワクしながらも、実際のところはどのように探すべきか戸惑ったり、いいお部屋に巡り合えるのか不安になったりするという声も聞こえてきます…。そこで前回の女子大学生座談会に引き続き、今回は、現役男子大学生たち限定で座談会を開催することに。「どう探す?」「譲れない条件は?」など、ざっくばらんにリアルな意見を交換し合いました。

初めての一人暮らし、男子大学生はどうやってお部屋を見つける?

座談会参加メンバーは、首都圏在住の大学生で正雄さん(20歳)、浩さん(20歳)、洋平さん(18歳)、拓也さん(21歳)、隼人さん(20歳)、誠さん(21歳) 、陽介さん(22歳),和也さん(20歳)の8名。また、今回も若者の意見を積極的にサービスに取り入れたいという、ハウスコム社の田村社長と、同社サービスイノベーション室の安達さんも同席。“一人暮らし”に対して、あれこれ妄想してじっくり検討していた女子大学生に対し、果たして男子大学生のお部屋探しの方法やいかに―。それぞれが思い描く一人暮らしのイメージを膨らませながら、座談会がスタート!

正雄:「まずに気になるのは、家賃とか初期費用かな」
浩:「僕もそう。それと同時に、大学からの距離も重要。15分以内で歩いて通える範囲がラクでいいよね。まずはその条件をクリアしたい」

洋平:「僕も、主に家賃が安くて大学から近ければ、それでいい。コンビニやドラッグストアなどが近いかっていう街の周辺条件については、物件をある程度絞ってどちらがいいか迷ったときに比較するくらい」
和也:「なるほど。家賃や初期費用という条件に加えて、僕は大学から家までの距離は、むしろ近すぎない場所を選ぶ。友達のたまり場にならなくて済むし。ただ、距離はあっても大学へは電車1本で行ける街がいいと思う。今まさに電車1本で行ける街で一人暮らしをしていて、そこが始発駅だから座って通えるし便利だよ」

誠:「そうなんだ。そういう物件は、みんなスマホで探すの?」
浩:「うん。僕はスマホのサイトで『○○大学 一人暮らし』ってキーワード検索する。あとは、大学生向けサイトをチェックして、大学から近くて安めのところを探すよ」

陽介:「僕も断然スマホ派。ちなみにアプリはダウンロードが面倒だし、インターネット検索で十分だからわざわざ使わない! 前回の女子の座談会ではアプリをダウンロードする人もいたみたいだけれど、まめだなと思う」
一同:「うんうん」

隼人:「スマホはパソコンに比べると、図面や物件情報のチェック時に画面は小さいけれど、電車内で気軽に探せるからいいよね」
拓也:「うん。僕もパソコンで物件探しすることは少ないかな。スマホのサイトがあまりに見づらいときは別だけど。とにかく手身近にサクサク済ませたいよね」
誠:「同じく。必要以上に時間をかけたくない。そういえば、女子は前回の座談会で『内観のすみずみまでチェックしたいから、スマホで気になる物件が見つかれば、それを画面が大きいPCを使ってさらに見る』って結果だったらしい……!」

洋平:「面倒だと感じない女子ってすごい……」
浩:「なんていうか、女子って……レベル高っ!」
一同:「(笑)」

一人暮らしに対するさまざまな意見が飛び交うなかで、男子大学生に共通していたのは「必要条件はシンプルにして、とにかくサクサク決めていきたい」という想い。では「実際のところどうやって探してく?」―ということで、ホンネトークは続きます。

いざ、お部屋探し! 内見に時間をかけるのはイヤ!?

正雄:「みんなの意見をまとめると、なるべく安い家賃で大学へのアクセスが良い場所を、スマホで探していく感じ。その後は、みんな具体的にどうやって進めていく?」
拓也:「そうだね、僕は気に入った物件を扱っている不動産屋のホームページを見て、24時間受付可能なメールのフォームで、内見の申し込みをするよ。営業時間を気にせずに問い合わせたいから」
浩:「そうか。僕はメールを打つのが手間なので、気になる物件を見つけたら、不動産会社へ直接電話で問い合わせる派。どちらにしても、自分にとっていかにスムーズに進められるのかがキモだよね。ワクワクしつつも、とにかく決めたいって焦る気持ちのほうが強い」
洋平:「確かに! 部屋探しって無駄に疲れて嫌になるよね。なぜかって、ホームページでの問い合わせにしろ、不動産屋さんのアンケートにしろ、書類を書く量がとにかく多くて面倒。こういう余分な時間をかけずに、さっさと内見してとっとと決めてしまって、一安心したいというか。そこを乗り越えて、準備が整ってはじめてホッとできる。そこから一人暮らしのスタート地点に立てた気がして、はじめてワクワク感が味わえると思う」

浩:「そうだね、物件探し中の気持ちはワクワクとはちょっと別で、焦りとか不安もある。物件がなかなか決まらずにいたり、不動産会社に行き、長々と説明を受けるのは、とにかく無駄に待たされている感じでイヤだ」
洋平:「うん。いい物件があったなら、説明よりも実際にその物件をさっさと内見させて欲しいって思う」
拓也:「うんうん。あれこれ悩んでいないで、さっと決めて早く安心したい。とりあえず住む環境さえ決まれば、細かい部分は、住みはじめてから自分が順応すればいいじゃないかって考え方」
和也:「そうかも。日当たりも、気にしたことがないかも……。家賃が安いかどうかのほうがよっぽど重要。たとえば洗濯物が乾きにくい場所でも、乾くまで置いておけばいいので。ちなみに僕は、内見無しで今の家を決めたよ」
一同:「へえー!」
和也:「うん、通学の利便性と家賃にこだわって、あとは写真を見て決めた。実家が四国で、しかも大学入学まで時間がとれなかったので、近くに住んでいて内見に行くチャンスがあれば、内見したと思う」
洋平:「そういう意味でも、写真はかなり重要だよね。枚数が少ないと、なんだよってがっかりする(笑)。写真が少ない時点で判断が難しく、時間がかかりそうだから、よっぽど魅力がないと候補から外す。さっさと終わらせたい」
和也:「うん。写真でしっかりと様子が見え、希望条件をクリアしていることがわかれば、それでいい。内見せずに、写真のみで決めてしまうこともあるだろうね」
誠:「むしろ、手間なくとっとと決まって良かったなと思う人も、少なくないのでは?」
浩:「僕は内見には行ったけど、1日のこの時間って決めて、限られた時間でひと通り見てそこで決めた」
陽介:「とにかく僕たちは、無駄と思える時間を省きたいってことだね!」

お部屋決定直前、欲を出して希望条件を増やすならどんな感じ?

「家賃が安めで、学校へのアクセスがよく、とにかく無駄な時間を省いて決めたい!」という想いで物件を探している段階から、お部屋を実際に決定するまでの考えや行動を付箋に書き出し、マッピング&グルーピングしてみることに。契約までに「こうだったらさらに嬉しい!」という希望条件とは?

浩:「僕は畳の部屋があれば、そのほうがいいな。地面にそのまま座れたほうが落ち着くから」

隼人:「憧れだけで言わせてもらえば、実際はタワーマンション。雑誌で紹介されているような、お洒落なものを集めて住んでいる人に憧れるので。だけど、今住むのは無理。だから、そこに置いてありそうな自動食器洗浄機とか家電を導入してお洒落にしたいと思う」
誠:「どうせなら、お洒落な部屋にしたいよね。限られた予算内で、部屋はキレイであるほど嬉しい。ちなみに、バストイレ別かどうかは結構気になる。どうせ住むなら、お風呂にゆっくり入りたいので」
洋平:「そうなんだ。僕はギターを弾くから、できれば防音とか壁が厚いところがいい!」
一同:「うんうん」
陽介:「たしかに。声が筒抜けの部屋は嫌だよね、気になって疲れそう」
拓也:「ゴミ捨て場も重要。近くて24時間対応のところがいいな、捨てるのを忘れても安心だし」
一同:「たしかに」

浩:「こういう細かな条件も含めて、自分の希望にぴったりな物件を不動産屋がさっと提案してくれたなら、スムーズに決定すると思う」
一同:「うんうん」
浩:「僕らみたいに時間をかけたくない人は、候補物件に対して、自分が希望している条件とどれだけギャップがあるのかを、瞬時に見つけてくれるシステムがあれば重宝すると思う。」
正雄:「不動産屋に居る時間は30分くらいが理想。ささっと決めてある程度は順応するけれど、できれば後悔しないように事前になんとかしたいよね」
隼人:「こうしてみると、理想はけっこう出てくるものだね!」

トークはいよいよ終盤に。ここで、こだわり物件情報のエキスパートである不動産会社のハウスコム社の田村社長と安達さんにお話を伺うことに。ハウスコムは、テクノロジーを駆使したWEB技術で話題なのだとか。

AIなどの不動産テックを駆使!ハウスコムでお部屋探し

安達さん:「こんにちは! みなさんのお話をひと通り伺っていましたが、とても興味深い! 私も同性として、みなさんがスムーズにお部屋を決めたいという意見にすごく共感します。ちなみにお部屋探しをするときにこんなサービスがあったらいいなって想うことはありますか?」
浩:「お部屋探しをする際、僕らはより具体的で、スピーディーで、簡潔であることを望んでいます。そこで、お店に入った時点ですぐにお客さんが求めているデータを分析できるようなものがあれば嬉しいのですが……」

安達さん:「いい質問ですね。きちんとその人に合った情報をピンポイントでご提供する。それはまさに、私たちが現在目指しているところです。価値のある情報って、人それぞれなんですよね。なので、その人が好むような物件条件をあらかじめAIに学習させておいて、すぐさまご提案できるような仕組みが成り立てばいいなと。レコメンドといって、ネットで何かを購入すると過去の購入履歴を参考に似通ったものの広告が次々と表示されることがありますよね。そのようなイメージです。それを本気で取り組んで研究している不動産会社はほとんどないのですが、我々ハウスコム社としてはそれをトップランナーとしてやっていきたい。それぞれの人に対して、価値のある情報だけを無駄なくご提供していきたいと考えています」
隼人:「不動産会社に居る時間は、せいぜい30分くらいが理想なので、そうなればあっという間に決まりそうですね」
安達さん:「ただ実際のところ、不動産会社はまだまだいわゆるアナログなんです」
陽介:「アナログとは?」
浩:「たとえばみなさんが不動産屋にいらして、物件に対して長々と説明を受けたり、たくさんの書類の説明とご記入作業があったり。その際の皆さんの様子に私たちも気付いていますが、対面で宅建資格を持った者が物件の契約についてきちんと説明するという細かな決まりもあるので、なかなか省略できない部分もありますね。ただ、今後はもっと簡略化できる部分は、できる限り改善していく傾向にはあります。そうなれば、わざわざ店頭にいらして、1時間も2時間も対面して説明する必要はなくなると考えています」
洋平:「そうなんですね。少しでも手際よく、安い物件を探しやすくなることを望んでいます。同じ建物でより安い部屋が簡潔にわかるような」
拓也:「同じく。自分が使う不動産会社に自信を持ちたいので、たとえば仲介手数料が無料とか、不動産会社のそれぞれの強みを公式ホームページで明確化していると嬉しい!」
安達さん:「ホームページをご覧いただくとわかるのですが、当社の強みは、まさに不動産テック(不動産テクノロジー)です。現在、人口知能で24時間いつでもチャットで気軽に質問できる仕組みを導入しています。また、自宅からも出先からも物件の内見が可能な『オンライン内見』もあります」
和也:「遠方に住んでいると内見しづらく親の同意を得るのにもハードルが高いものなのですが、LIVEで内見できるって画期的ですね」
安達さん:「ありがとうございます。留学生の内見も増えていますので、おかげさまで多くの方に喜んでいただいております」
拓也:「それは便利! あと、物件一覧の表示に一捻りあると『おっ!』と思いますね。あとは、検索一覧で2年契約の物件だけでなくマンスリーマンションとの比較もできたりするとありがたいです。新生活であれば、最初の2カ月だけ学校近くのマンスリーマンションに住んで、本当に気に入ったらずっと住むっていう選択もありかなと」
安達さん:「短期で気軽に住みかえるという選択、海外では実際に結構多いんです。日本でもどんどん増えている傾向がありますので、目の付けどころがいいですね」
隼人:「あとは、街の周辺情報も事前に知られるとやっぱり嬉しい」
和也:「病院マップもあると心強いです。それに、住宅の一覧とマップで現在地が同時に表示されたりVRだと嬉しい」
安達さん:「たしかに、地図でどこにいるのか同時に見られると便利。また、そこに住んでいる人からしか得られない通な情報は、やはりみなさん欲しがっていらっしゃるので、期待に応えられるよう力を注いでいきます」
一同:「楽しみにしています!」

担当者のお話を伺って、8人ともお部屋探しにもっと興味がわいた様子。
こだわり物件情報が満載のハウスコム(http://www.housecom.jp/)なら、きっと理想のお部屋が見つかるはず!
(マイナビ賃貸広告企画:提供【ハウスコム株式会社】)





コメントを残す