2017年3月のリート売買代金上位5銘柄、1位は大和ハウスリート – 投資信託の投信資料館

Home » 不動産 売買 » 2017年3月のリート売買代金上位5銘柄、1位は大和ハウスリート – 投資信託の投信資料館
不動産 売買 コメントはまだありません




リート市場の3月の概況

東京証券取引所が発表した月刊REITレポート(2017年3月末時点)によると、3月の東証REIT指数は、前月比41.03ポイント下落して1,776.33ポイントで3月の取引を終了しました。東証REIT指数は3カ月連続で下落したことになります。

2017年3月末のREITの時価総額合計は前月比1.25%減少し、11.91 兆円となりました。予想年間分配利回り(時価総額加重平均予想年間分配金利回り)は3.74%で前月の3.64%から上昇しました。また、1日平均売買代金(立会内)は前月比1.65%増加し、364億円となりました。

東証REIT指数の推移

東証REIT指数の推移(データ:東京証券取引所)

リートの売買代金上位5銘柄

2017年3月のREITの売買代金上位5銘柄は次のとおりです。月間の売買代金が最も大きかったのは「大和ハウスリート投資法人」で、売買代金は約646億円でした。大和ハウスリート投資法人は物流施設、居住施設、商業施設に加え、ホテルやオフィスにも投資する総合型REITです。スポンサーは大和ハウス工業株式会社です。

*東証REIT市場における当月の立会内売買代金トップ5銘柄。

**前月比は、1日平均売買代金の前月比。

(データ出所:東京証券取引所)

2017年3月のリート市場での出来事

3月の日本銀行によるREITの買入れは10回(1日、2日、3日、9日、10日、14日、23日、27日、29日、31日に各12億円、合計120億円)実施されました。

大和ハウスリート投資法人 (8984)、スターアジア不動産投資法人 (3468)、ケネディクス商業リート投資法人 (3453)、グローバル・ワン不動産投資法人 (8958)が公募増資を発表しました。

また、次の12投資法人が3月に2017年1月期決算を発表しました。





コメントを残す