家賃滞納で強制執行したら…押し入れから乳児遺体 死後10年以上、住人の70代男性「知らない」 東京・世田谷 – 産経ニュース

Home » 家賃 滞納 » 家賃滞納で強制執行したら…押し入れから乳児遺体 死後10年以上、住人の70代男性「知らない」 東京・世田谷 – 産経ニュース
家賃 滞納 コメントはまだありません



 6日午後1時半ごろ、東京都世田谷区船橋のマンション一室で、強制執行のために室内にいた東京地裁の男性執行官から「部屋の荷物を整理していたら、遺体のようなものを見つけた」と110番通報があった。駆けつけた警視庁成城署の署員が、和室の押し入れにあったスポーツバッグの中から乳児とみられる遺体を発見した。

 成城署などによると、遺体はおむつをはいたままミイラ化しており、衣類などに包まれていた。性別は分からず、死後相当の年数が経過しているとみられる。目立った外傷はないという。

 この部屋には70代の男性が住んでいたが、家賃を滞納しており、6日午前から強制的に部屋の引き渡しが行われていた。この男性は遺体やバッグについて「知らない」と話しているという。

 成城署は男性から詳しく話を聞くとともに、遺体の身元確認を急ぎ、死因を調べている。現場は京王線八幡山駅の南約1.3キロの住宅街。





コメントを残す