【公示地価】不動産投信、地方物件に照準 一方で人口減がリスクに (1/2ページ) – SankeiBiz

Home » 不動産 リート » 【公示地価】不動産投信、地方物件に照準 一方で人口減がリスクに (1/2ページ) – SankeiBiz
不動産 リート コメントはまだありません



 平成29年の公示地価は札幌や仙台、福岡など地方中枢都市の上昇幅が三大都市圏(東京、大阪、名古屋)を上回った。日銀のマイナス金利政策を背景に国債からシフトした不動産投資マネーが利回りの高い地方の商業ビルなどに集まっている。一方で人口減少などのリスク懸念はぬぐえず、地価上昇の流れが地方に定着するかは見通せない。(佐久間修志)

 札幌市中央区の地下鉄大通駅周辺。ビジネスマンや買い物客でにぎわうエリアで高い集客を誇るのが、屋上観覧車が人気の商業ビル「nORBESA(ノルベサ)」。近年は訪日外国人客も急増し「7~8年前と比べ賃料は2割程度上がった」(運営会社)。札幌市の商業地の上昇率は6・1%と東京23区を上回る。

 地方都市の地価上昇を牽(けん)引(いん)するのはマイナス金利を背景に投資マネーを集める不動産投資信託「リート」だ。不動産サービス大手のジョーンズラングラサール(JLL)の大東雄人アソシエイトダイレクターは「地価の高騰する都心オフィスは賃料を上げても利回りを確保しにくい。リートは地方物件への投資を増やしている」と分析する。





コメントを残す