リフォーム前の挨拶で近隣トラブルを防ぐ

Home » リフォーム » リフォーム前の挨拶で近隣トラブルを防ぐ
リフォーム, 住宅リフォーム コメントはまだありません



さぁリフォーム開始!でもその前にご近所への挨拶は済みましたか?不意打ち工事は近隣トラブルのもとです。一戸建てとマンションでの挨拶の範囲、手土産や手紙文で必ず言っておくべきこと、いつ誰とまわるか?など具体的な方法をご紹介します。

リフォーム前の挨拶が近隣トラブルを防ぐ

ペンキ工事の画像

いきなりリフォームを始めれば、ご近所に不安や不快感を与え、近隣トラブルの元になります。

いきなり朝から大きな騒音がして、ホコリや臭いが流れてきたら、誰でもあまりいい気分はしないものです。

何も知らされずにいきなりリフォームが始まってしまうと、小さな事でも気に障り、ほんのささいな事が大きな近隣トラブルへ発展してしまうこともあります。

工事前にひと言でも挨拶があれば、工事中の気持ちが大きく違います。リフォーム前の挨拶の有無で、ご近所の心理状態に大きな差が出るのです。



 

リフォーム工事中に多い駐車スペースでのトラブル

リフォーム中に近隣へ掛かる迷惑は、騒音やホコリ、臭いだけではありません。知らない人の出入り、車の問題もあります。リフォームでは小さな工事でも一度にたくさんの業者が入りますので、意外に多いのが駐車でのトラブルです。

例えば浴室リフォームの場合、初日に現場管理者、営業担当者、解体業者、電気業者、設備業者、木工業者、サッシの搬入などが重なることがあり、7台の車がくる可能性があります。

街並み

密集する住宅地では騒音、臭い、ホコリの他に、工事車両の駐車スペースについても配慮が必要です。

では、実際にどんなトラブルが起きているか?一戸建て、マンション、それぞれのリフォームでの近隣トラブル事例をご紹介します。

一戸建てリフォームでの近隣トラブル、迷惑事例

  • 外壁塗装リフォームで、塗料のしずくが飛び大事な松の木に白い斑点がついた。
  • 外壁塗装リフォームの間、臭いがひどく窓が開けられなかった。
  • 外壁を壊す工事の時、ホコリがひどく洗濯物や布団が干せなかった。
  • 外壁工事の間、音、臭い、ホコリで窓が開けられず、ずっと閉め切っていた。
  • 資材や業者の車がジャマで、駐車場への出し入れに苦労した。
  • 小さなリフォームと聞いたのに、一度に7台も車がきて不安になった。
  • 見慣れない人が大勢出入りして不安だった。

マンションでのリフォーム近隣トラブル、迷惑事例

  • エレベーターを使われる時間が長くイライラした。
  • 共用スペースの廊下に資材が置いてあり、通行の邪魔だった。
  • 共用スペースの養生パネルにいたずら書きがされて、見た目がよくなかった。
  • 遠い部屋の工事だったのに、音が壁や床から振動のように伝わってきた。
  • 塗装工事で塗料の臭いがひどく、赤ん坊に影響があるのではと心配だった。

次のページは、一戸建て、マンションの挨拶の範囲、手土産などについてです。





コメントを残す