「形」でわかる地震に強い家・弱い家

Home » 媒体 » All About » 「形」でわかる地震に強い家・弱い家
All About, 一戸建て, 住宅工法 コメントはまだありません



単純明快な形は強い

単純明快な形をしている建物は地震時に有利だ

単純明快な形をしている建物は地震時に有利だ

例えば地震が起こった時や強い風が吹いた時、建物は縦方向や横方向に強い力を受けます。また、そのような力がかからなくても、常に上から下に荷重はかかっていて、常時2階の荷重は1階に流れ、またそれを地盤面に流しています。

地震や風で力が建物にかかった時に建物が踏ん張って耐えることと、上下方向の力の流れがスムーズであることが「耐震性の高い家」の一つの条件になります。その条件を満たすために、建物の形は「単純であるほどよい」と考えられています。



 

単純明快な形とは

それでは「単純明快な形」とはどのような形をいうか図で確認しましょう。単純明快な形とは、長方形を代表とする「整形」をいいます。この長方形に近いシンプルな形が「地震に強い形」です。反対に凹凸の多い形は複雑な形となります。単純明快な形の例、複雑な形の例を【図1】に示します。

【図1】単純明快な形と複雑な形の例

【図1】単純明快な形と複雑な形の例



 

地震に強い形…平面形状

【図1】の左側が「単純明快な形の例」です。上の「A」が平面図、下の「B」が立面図です。平面図は建物をある程度の高さで横にスパッと切り上から見た図のことで、立面図は建物を横から見た姿図です。

ここで示した平面図「A」はいくつかの長方形が組み合わさった形をしていますが、このように、建物の平面をいくつかの長方形に分割できるようであれば、今回定義するシンプルな形と考えてよいでしょう。



 

地震に強い形…立面形状

また、立面的に見た形について、1・2階が全く同じ形の総2階になっている形は、全体でみればシンプルな長方形ですので単純明快な形と言えます。しかし2階部分の面積が1階部分より小さくセットバックする場合は、図「B」のように、2階部分ができるだけ1階部分の真ん中にのっているほうが地震に耐えやすい、バランスの良い形となります。

次のページで「地震に弱い形」を説明します。





コメントを残す