家のライフサイクル表で、リフォーム時期を見極める

Home » リフォーム » 家のライフサイクル表で、リフォーム時期を見極める
リフォーム, 住宅リフォーム コメントはまだありません



リフォーム時期を見極める方法をご紹介します。リフォームをする理由は4つあり、それぞれバラバラにやってきます。タイミングを間違えると損をしてしまうこともあります。ムダの無い工事時期を見極めるための、家のライフサイクル表もご紹介します。

リフォームを考える4つのキッカケ、上手に組み合わせて時期をあわせる

キッカケは4つ

リフォームを考える4つのキッカケはバラバラの時期にやってくる。

リフォームを考えるキッカケには4つあります。この4つのキッカケは、それぞれが独立した理由でリフォームを必要としていて、やってくる時期もバラバラです。

【1】修繕のリフォーム

【2】家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォーム

【3】人のライフサイクルの変化にあわせたリフォーム

【4】グレードアップ欲求を叶えるリフォーム

ではそれぞれの詳細を見てみましょう。



 

家のライフサイクルのタイミングを逃すと、リフォーム費用は増大する

カレンダー

メンテナンスのリフォームは時期を逃すと費用が増大する。早すぎてもムダに。

【1】修繕のリフォームとは、雨漏りやひび割れなど壊れたり悪くなったところを直すリフォームのことで、緊急性が高いものです。

【2】家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォームとは、部位の寿命ごとの定期リフォームのことです。家は様々な材料でできていて、それぞれの部位ごとに寿命や、お手入れをするのにちょうどいいタイミングが存在します。

例えば、シロアリの防蟻工事は5年おき、外壁塗装は10年おき、水まわりの設備交換は20年程度にやりかえることで、家は健康を保ち続けることができ、長持ちするようになります。これが家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォームです。

【1】修繕のリフォームは、【2】家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォームを適宜行っていくことで、事前に防いでいくことができます。しかし時期を逃して劣化が進んでしまうと、補修工事に手間が掛かるようになり、費用は増大します。

マメなお手入れは一見、細かく費用が掛かって大変なようですが、家の寿命は長いもの。トータルで見れば、効率よくお得に家を維持することができます。



 

人のライフサイクルにあわせて、家の形を変化させるリフォーム

老夫婦

住んでいる人の年齢が上がれば暮らしやすい家の形は変わる。それが住む人のライフサイクルの変化に伴うリフォーム。

【3】人のライフサイクルの変化にあわせたリフォームとは、子供の為に子供部屋を作り、年をとったらバリアフリーにするといったように、世代とともに家の形を変えるリフォームのことです。

家族の形は時間と共に変化します。暮らしやすい家の形は世代や生活スタイルによっても異なります。新婚家庭なら2人だけの家庭、子どもができれば家族が増え、その子供が独立すればまた家族の人数は減ります。年をとれば体力が衰え、食べ物の好みや家の中での過ごし方も変わることでしょう。

このように人生における生活の変化の繰り返しを「人のライフサイクル」と言い、家の形もこのサイクルにあわせて変化させる必要が出てきます。これが人のライフサイクルの変化にあわせたリフォームです。

【4】グレードアップ欲求を叶えるリフォームとは、寒い冬も暖かい家にしたい、新しい便利なシステムキッチンが欲しい、収納を増やして片付けしやすくしたいといったような、今より良くしたいという欲求をかなえるリフォームのことです。



 

4つの工事を上手に組み合わせて、時期をあわせてリフォームしよう

時計

ムダ無く効率的にリフォームするには、4つの工事のタイミングをあわせることが大事。

これらのリフォームをその都度行っていたら、二度手間が増えたり、効率が悪いのでムダな費用が掛かったり、家の中がツギハギになったりしてしまいます。

ムダ無く効率的にリフォームするには、この【1】~【4】までの工事を上手に組み合わせて、時期をあわせてリフォームするよう計画を立てることが肝心です。

このタイミングを間違ってしまい、補修したばかりのところをまた壊すことになった、先々を考えて作ったはずなのにムダになってしまった、費用ばかりかさんでツギハギの家になってしまったというようなケースは、本当によくあることなのです。



 

次のページでは、時期を見極めるための「ライフサイクル表」をご紹介します。





コメントを残す