間取り変更リフォームの掟と裏技

Home » リフォーム » 間取り変更リフォームの掟と裏技
リフォーム, 住宅リフォーム コメントはまだありません



間取り変更リフォームには、大きな手間と費用が掛かるプランと、意外に簡単にできるプランがあります。まずは費用がかさみやすいリフォームを見極め、コストダウンしながら理想の間取りを目指しましょう。

大きな費用が掛かる工事が含まれていないかチェックする

〈間取り変更リフォームの掟〉

リフォームプランの間取り

間取り変更リフォームは小さなプランの違いで、数十万円の差が出ることも

間取り変更リフォームでは、似たようなプランなのにも関わらず、費用に大きな差が出ることがあります。

というのも、リフォームではほんの少しのことのように見えても、実は手間が掛かり、その分費用もかさむ工事になってしまうことがあるからです。

まずは希望のプランに、このような工事が含まれていないかチェックしてみましょう。要望が多い間取り変更リフォームの中で、手間が掛かって費用がかさむものをいくつかご紹介します。

【費用がかさみやすい工事】

  1. キッチン、浴室、トイレなど水まわりの移動する
  2. ダイニングとリビングの間のジャマな間仕切り壁を撤去する
  3. 階段を移動する
  4. 廊下の幅を広げる
  5. 窓サッシを移動する

大きな費用が掛かるのにはワケがある

〈間取り変更リフォームの掟〉

間取り変更の鍵は階段

階段の移動や廊下の幅を広げる工事は、リフォーム費用がかさみやすい

大きな費用が掛かりやすいのには、それぞれ理由があります。【1】水まわりの移動を伴うリフォームは、給排水管や電気配線なども動かすため、その分費用がかさみます。

【2】ダイニングとリビングの間のジャマな壁を撤去するリフォームは、LDKを広々としたワンルームにしたいという要望によるものですが、多くの場合そのようなジャマな間仕切り壁は、構造上で重要な耐力壁になっています。

耐力壁を移動するためには構造計算や補強工事が必要になり、その分費用がかさみます。比較的壁の移動がしやすい在来工法でも、柱の移動、梁の架け替え、新しい柱と耐力壁の設置、天井の解体・補修、床の解体・補修、新しい基礎打ちなどが必要になります。

【3】階段の移動と、【4】廊下の幅を広げる工事は、耐力壁の移動を伴うケースが多く、リフォーム費用がかさみやすくなります。【5】窓サッシの移動は、耐力壁に掛かればもちろんのこと、外壁の補修費用が上乗せされます。



 

費用が掛かる工事を避けるよう提案してもらう

〈間取り変更リフォームの掟〉

リフォーム相談

費用が掛かる部分の見極めは、リフォーム会社に提案してもらうのがコストダウンへの早道

費用がかさみやすい工事をできるだけ避けてプランすることが、間取り変更リフォームの基本の掟です。

ここは安く簡単にできる、こちらは費用が掛かるという見極めは、構造を熟知したリフォーム会社に提案してもらうのが一番の早道。小さなプランの差で大きなコストダウンができます。

どんな暮らしをしたいのか、要望をシッカリと伝えた上で、費用が掛かる工事を避けたプランを提案してもらいましょう。中古住宅購入リフォームをする際も、上記のような費用がかさみやすいリフォームの必要が無い物件を選べば、その分費用の節約ができます。

では次に、費用がかさみやすい工事を避け、節約しながら間取り変更リフォームをするアイデアをいくつかご紹介します。



 

水まわりの移動無しで使いやすいプランにする工夫

〈間取り変更リフォームの技〉

キッチンの間取り変更リフォームで最も多いのは、壁付けスタイルを対面式にしたいと言うものです。しかしシンクとコンロの位置を移動すれば、その分リフォーム費用がかさみます。そこで、これらはそのままの位置で、キッチンカウンターだけを延長してL字型にしたり、カウンター収納で対面風にしたりすれば費用が節約できます。

キッチンリフォーム

コンロやシンクの位置はそのまま、カウンターを延長したり、アイランドカウンターを設置すれば、対面風の家事楽キッチンに(LIXIL

洗面所の収納不足で悩んでいるなら、壁を動かして面積を広げる前に、まずはドアの位置を確認してみましょう。狭い面積に、洗面所のドア、浴室のドア、窓がありますので、その位置を見直すだけでも、収納スペースを生み出せる可能性があります。

ユーティリティ

ドアと洗濯機の位置を移動させるだけで収納スペースが生み出せることも(右の写真はLIXIL洗面台)

増築や間取り変更無しに、出窓スタイルで0.75坪の浴室を1坪に広げることができるユニットバスもあります。リフォームの詳細は下記でご紹介していますので、あわせてご覧下さい。

LDKのジャマな間仕切り壁はアクセントに、小窓の取り付けも

〈間取り変更リフォームの技〉

LDKのジャマな間仕切り壁を撤去したいけれど、構造上難しい場合には、その壁を活かすリフォームプランを考えてみましょう。

例えば、動かせない壁に飾り柱やアーチを取り付ける、収納を取り付けてLDKをスッキリ片付ける、在来工法や鉄骨造なら柱やスジカイなど内部の構造体を露出させてアクセントにしながら風と光を通すことも可能です。

壁面リフォーム

構造体を避けてLED照明や小窓を埋め込めばジャマ間仕切り壁がアクセントに(大建工業

耐力壁を残し、家全体をワンルームと考えると自由度が広がる

〈間取り変更リフォームの技〉

バリアフリーにしようと、廊下の幅を少しずつ広げるような間取り変更は、耐力壁を動かすリフォームになるので、あまり効率がよくありません。そんな時は廊下を広げることを考えるのではなく、廊下を部屋に取りこむように考えていくと、また新しいプランが生まれてきます。

断熱

家全体の断熱性能を上げワンルームとして考えれば、間取りの自由度が上がる(スクリーンウォール/パナソニック

プランニングのコツは、耐力壁を残して家全体をワンルームとして考えることです。その際は、家全体の断熱性能を上げるリフォームも併せて行いましょう。

断熱材を吹き付けるだけ、窓サッシのガラスを交換するだけの手軽な断熱リフォームの事例は下記でご紹介していますのでご覧になってみて下さい。

大型増改築リフォームを進める際の手順、成功のポイント、改築費用を安く抑えるコストダウンのコツは下記でご紹介しています。


【関連記事】

Copyright(c)2017 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.





コメントを残す