富山市議の辞職11人に 政務費不正 – 日本経済新聞

Home » 敷金 返還 請求 » 富山市議の辞職11人に 政務費不正 – 日本経済新聞
敷金 返還 請求 コメントはまだありません



 富山市議会の政務活動費問題で、自民党会派の丸山治久市議(65)が29日、市政報告会の会場費など計約21万円を架空請求していたと認めた。議長に辞職願を提出し、同日許可された。一連の不正で辞職した市議は11人となった。

 丸山氏は富山市で記者会見し「市民の信頼を失った責任を取る」と述べた。近く全額返還するとした。

 丸山氏の説明によると、同市内のホテルに架空の領収書の作成を依頼。2014年10月に開いた市政報告会で支出したとして、会場費6万円と茶菓子代約15万円を不正請求していたという。受け取った政務費は「選挙資金として蓄えた」と話した。〔共同〕





コメントを残す