「専有面積30平米」の広さってどのくらい?

Home » 媒体 » All About » 「専有面積30平米」の広さってどのくらい?
All About, 賃貸, 部屋探し・家賃 コメントはまだありません



「30平米のワンルーム」「18平米のワンルーム」……そう言われた時、その広さのイメージができますか?「6畳4.5畳」といわれれば、なんとなく分かるけれど、「○平米」といわれると、いまいちピンとこないかもしれません。でも、イメージできると部屋探しのときに便利です。

「広さのイメージ」って?

部屋
部屋の広さは文字情報からも読み取れるが、そこからイメージできるとさらに賃貸達人になれるかも

そもそも、部屋の広さってどの部分を見てイメージしますか?特にワンルームのような仕切りのない部屋になると、部屋に入った途端目に飛び込んでくるのは、たいてい空間の部分、つまり居室として使える部分ではないでしょうか。トイレや収納がどれだけ広くても、そのドアや戸を開けてみないと広さは分かりませんが、居室なら入った途端に広さが分かります。
そこで今回は、居室として使える「空間」をイメージしやすくなってみましょう。

「6畳」ってどのくらいの広さ?

今更……と思うかもしれませんが、6畳の広さをご存知ですか?
一般的には、たたみ1畳は182cm×91cm。これは、江戸時代は6尺×3尺(1尺=30.3cm、6尺=1間)というサイズの畳が使われており、そのときの名残が今も続いているのですが、現代の建築様式にあわせて畳サイズも変化してきたため、現在ではさまざまなサイズの畳が見られます。

例えば、主に関東以南で使われる「京間」は横95.5cm×縦191cm、東海地方で見られる「中京間」は横91cm×縦182cm、関東地方の「江戸間」は横88cm×縦176cm、さらにそれより小さな「団地間」横85cm×縦170cm程度というのもあります。どの畳を使うかによって、同じ6畳でもずいぶん部屋の大きさには差ができてしまいます。(詳しくは、「畳の大きさはなぜ違う?」

基準となる6尺×3尺(182cm×91cm)の畳を用いた6畳間を計算してみると、

(1.82m×0.91m)×6畳=9.9372平米、つまり約9.94平米

となります。つまり、6畳は約10平米だと覚えておくとよいでしょう。ただし、自分の部屋の畳サイズがどのくらいなのか、測っておくこと。それを基準に考えると、部屋の大きさがイメージしやすくなります。

畳の種類 6畳では○平米
「京間」(191cm×95.5cm)→ 約11平米
「中京間」(182cm×91cm) → 約10平米
「江戸間」(176cm×88cm) → 約9.3平米
「団地間」(170cm×85cm) → 約8.6平米

>>>実際の部屋で考えてみると?





コメントを残す