使いやすい3DKレイアウト・間取り大研究

Home » 媒体 » All About » 使いやすい3DKレイアウト・間取り大研究
All About, 賃貸, 部屋探し・家賃 コメントはまだありません



3DKの間取りって

3DKタイプの間取りとは、居室が3部屋、それ以外にダイニング・キッチンがあるタイプの部屋のことを指します。だいたい50平米前後のものが多いのですが、賃貸情報を見ていると「3DK・40平米」とか、「3LDK・70平米」なんていうものもあり、よくよく調べてみると、3畳、4.5畳の部屋ばかりだったり、LDKが20畳以上あったり、とさまざま。

賃貸では、居室が3部屋あるタイプは、「3K」「3DK」「3LDK」「3LK」などさまざまな表記がされており、K=キッチン、D=ダイニング、L=リビングを表していますが、それぞれに明確な広さなどの基準はありません(※注)。ですから、間取りの表示と実際の下見で「あれ?」と思うこともあります。

さて、今回は52~55平米程度の3DKタイプを取り上げてみました。同じ広さ、同じ3DKでも、どんな間取り配置があるのでしょうか?

※注 ここではキッチンが6畳未満のものを「3K」、6畳以上10畳未満のものを「3DK」、10畳以上のものを「3LDK」と表記することにしました。(一般的に、K<DK<LDK という広さの関係が成り立ちます。)

多いのが「田の字」型間取り

田の字型
【A:3DK・55平米・田の字型】

アパートでよく見られる間取りで、「田の字」のように3部屋とDKの4スペースが配置されているタイプ。バルコニー側に居室2部屋、反対側に2部屋あり、たいていはそちらにダイニングキッチンがあります。この間取りは、4.5畳の和室がありますが、専有面積が60平米くらいになると、6畳の居室3部屋とDK6畳になり、さらに65平米程度になると、DKがLDKの広さになります。

この間取りのメリットは、DKから各部屋が見やすいこと。小さな子供がいる場合、キッチンに立つお母さんから室内が見渡せることは重要。逆に子供にとっても安心できます。また、バルコニーに面した2部屋は、壁で分けられているため、夫婦それぞれが独立した部屋が欲しいときに便利。

逆に、この間取りで注意したいのは、6畳の和室に行くためには、4.5畳の和室を必ず通らなければいけないこと。つまり、6畳の和室をリビングにすると4.5畳の和室は頻繁に通ることになり、せっかく4.5畳もあるのに「単なる通り道」になってしまうのです。和室2部屋をうまくつなげて縦長のリビングとなるよう、家具やTVの配置を考えましょう。

>>次は一人の時間がほしい場合のレイアウトです。





コメントを残す