アパートとマンションの違いに明確な規定はない!?

Home » 媒体 » All About » アパートとマンションの違いに明確な規定はない!?
All About, 賃貸, 部屋探し・家賃 コメントはまだありません



物件を探す時に見る、不動産情報。そこにはさまざまな情報が盛り込まれています。まずは、その文字情報から物件のことを正確に読み取るために、普段何気なく見過ごしていることについて、きっちりお教えしちゃいましょう!

今回のテーマは、「マンションとアパートはどこが違う?」。確かに賃貸物件って、「マンション」や「アパート」さらには「コーポ」「ハイツ」など、いろいろな呼び方がされているけど、それってなにか決まりがあるのでしょうか…。

特に明確な規定はない?

結論から言うと、「こういった物件はマンションとする」などの明確な規定はありません。ですから、不動産会社さんが広告する時に、「これはマンションだな」と思えば「マンション」、「いや、アパートだろう」と思えば「アパート」と表示していることが多いのです。

ただ、一般的には木造や軽量鉄骨造の準耐火・低層物件を「アパート」、鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造などの耐火構造の集合住宅を「マンション」と呼んでいます。

それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

■ マンションとは?

・ 鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造

・ 高層住宅も建てられる

・ 遮音性が高い

・ 高級感がある

・ 建築費もかかるので、賃料はアパートより高い

・ エレベータがついていたり管理人がいる場合も多く管理費が高い

■ アパートとは?

・ 木造や軽量鉄骨造の準耐火構造

・ 2階建てが多い

・ 構造上、高層住宅はできない

・ 建築費が安く建てられるので賃料は安め

・ エレベータなし、管理人もいない場合が多く管理費が安い





コメントを残す